FC2ブログ

2020年のクルマから

 先日はうちのS660の定期点検。
 同じ日にTOYOTAの展示会もあったので点検ついでにそちらの方も覗いてきました。
IMG_6018~photo
 周りにはスープラやカローラスポーツもあったのにそれらには目もくれず一直線に目指したのは「GRコペン」だったりします。
 このクルマ、発表時にカタログまでもらっておきながら肝心の展示会に行けなかったのですがようやく実物に触れる事が出来ました。
IMG_6023~photo
 しかも色違いが二台も(笑)
 早速運転席に座ってみました。ベースがミライースなのでS660の様な着座姿勢と言う訳には行きませんが「オープンスポーツの楽しさ」は感じられます。
 フロントスクリーンが前方にシフトしているせいか「S660よりも空が広く感じられる」のがこのクルマの真骨頂。
 ただ、同じ理由から屋根を閉じた状態では「前上方の視界がS660より狭そう」なのが気になります。
 S660でも信号待ちでは相当に顎を出さないと「すぐ上にある信号が見えない事がある」のですがコペンはそれよりも辛そうです。

IMG_6021~photo
 GRコペンはフルオープンがこよなく様になります。特にリアビューはフェンダーのキャラクターラインの造形がトランクまで回り込んでいるのが見事。

IMG_6019~photo
IMG_6020~photo
 実は今回わざわざ出かけた理由はもうひとつ、
 諸般の事情から「2月発売のヤリス」の展示が見たかったというのもありました。
 実際に展示されていたのは映画の劇用車らしいラリーバージョン。しかも日本仕様にはない3ドアです。
 馬鹿でかいオーバーフェンダーや様々な偽装のせいでクルマのキャラクターラインが分かりずらいのですが、これまでTOYOTA車には希薄だったアグレッシブな造形が目を惹きます。
 TOYOTAが目指したのは「プレミアムコンパクト」
 穿った見方をすれば「ただ安いだけなら既にパッソがあるし、ヤリスはスイフトやMAZDA2と渡り合える車にしよう」と言う意思を感じさせました。これまでプレミアムを謳うコンパクトカーはエチュードとかベリーサとかありましたが何れもが「小さいベンツもどき」にして失敗しているのですがゼロからの造形でそれを体現しようとさせているヤリスには期待大です。
DSCN6723b.jpg
 さて、TOYOTAを後にしてHONDAにS660を持ち込みます。
 こちらの目当ては「先日マイナーチェンジしたS660が展示されていないか」でしたが残念ながらそれは無し。
 その代わりカタログは頂いてきました。
DSCN6722b.jpg
 今回のマイチェンは主に見た目と装備の変更。
 サイドのウィンカーはドアミラー内蔵式になり、αのフロントバンパーに「アクセサリーランプ」とかいうギミックが入った程度。
 あとはAピラー骨格が従来の黒からボディ同色になっていますし、ホイールもこれまでよりややクラシカルなデザインに変更されました。個人的にはこちらの方が落ち着いていていいかなと思えます。

 それにしてもイメージカラーにメタリックグリーンを持ってきたのには驚きました。前のセレナやエスティマハイブリッドにもこの色が設定されていたのですが、この手の黄緑色はとにかく人気がなく、誰が買うのかよくわかりません。
(上述のセレナやエスティマを実際に私が乗っていたからこそ言える文句です笑)

 ただ、今回のマイチェンで従来のガンメタに変わってかねてから「あればいいな」と思っていたシルバーが設定されたのは朗報ではあります。
 (惜しい事にModuroXには設定されないのですが)
DSCN6721b.jpg
 装備面ではαにCTBA(半自動ブレーキ)とシートヒータが装備されましたが、CTBAは6MTに乗っている限り滅多に作動しないしCVTにはある誤発進抑制機能がないのであまり意味がない気もします。

 とはいえ、前期型に乗っている私からすれば「新型を見てコンプレックスを感じないですむ」程度の変更なのは有難かったですが。

 さて、TOYOTAがヤリスを出す前後にHONDAもFITをモデルチェンジします。元々排気量が似ていてもFITの方がかつてのシビック並みの図体なので直接比較しにくいのですが、ディザーカタログを見る限りだとヤリスのアグレッシブさに対してまるで冷蔵庫みたいな家電感覚のデザインが特徴的です。現行モデルより上品ではありますがこれを見るとHONDAがTOYOTA化している様な雰囲気(逆にTOYOTAもHONDA化している?)を感じさせます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント