レイアウト趣味から見る特撮映画・その1「妖星ゴラス」

 私の鉄道模型趣味、レイアウト志向のバックグラウンドのひとつとして「黄金期の特撮映画・テレビのミニチュア描写」があります。自分が凄いと感じたミニチュアシーンやパノラミックな構図の中には「こういうのをレイアウトでやってみたい」と思える物も多々あります。

 そこで今回から当ブログの新ジャンルとして「ミニチュア特撮に見るレイアウト的な魅力」を感想を交えて私なりに書いてみたいと思います(全く身の程知らずが汗)
DSCN2035.jpg

 その第一作は「妖星ゴラス」
 私が初めて買った特撮もののLDがこれでした。これまでに何回観直した事か。

 ストーリーは地球の約6000倍の質量をもつ怪星ゴラスが地球への衝突コースを取って突き進む中、人類が「地球の軌道を変える事によって衝突を回避しようとする」という破天荒極まりないものです。
 「アルマゲドン」の逆の発想ですが、ストーリーを聞くだけだとバカバカしいのですがその破天荒さに説得力を与えるために、噴射口となる南極に無数のジェットパイプを建設するシーンを加えています。
 このために緻密且つスケールの大きなミニチュアセットが組まれ、そこに丹念な描写を加える事で意外なほど引き込まれるものとなっています。

 レイアウト趣味(笑)の人間が注目すべきは南極のジェットパイプの建設シーンでしょう。

 資材を積んで南極の海を突き進む船団を俯瞰で見せ、その上空をヘリが横切って行くカット。
 溶接の火花を散らす無数のジェットパイプの骨組みをなめる様に進んでゆく空撮カット。

 それらの中心にジェットパイプ計画の本部・制御部と目される大型のドーム
 その頂部にある小さなドームが開きそこに吸い込まれる様に着陸するVTOL機。

 これらの一連のカットはその殆どがミニチュアのみで表現され実にパノラミックな情景を構成しています。
 静止したミニチュアでは表現できない動的なジオラマの魅力でありまさにレイアウトの魅力と重なる部分と思える所です。
 言い換えれば「フィルムに出現した大レイアウト」とでもいえましょうか。
DSCN2036.jpg

 本作のミニチュア描写の魅力はここだけではありません。
 ゴラスの接近に備えて続々と避難するクルマの群れ(こんなのまでミニチュアで表現しています)ゴラスの引力で生じる高潮に呑まれる東海道線の列車や有楽町周辺のミニチュアにも同種の魅力を感じます。
 本作では興業上の必要から怪獣も一応出るのですが殆ど添え物的な扱いで作り手もあまり乗り気でなかった様子が伺えます。むしろその直前の工事現場の陥没シーン(走行する雪上車を載せたまま地面が急に落ち込んで行く描写が秀逸)にかなりの気合を感じました。

 ここでは書きませんでしたが宇宙船や宇宙ステーションの描写も実に生き生きとしておりミニチュア描写の積み重ねそのものが作品全体の主役ではないかと思えるほどの完成度を持っていると思います。

 メカデザインのレトロさやミニチュアそのものに拒否反応を示す向きにはお勧めしにくい所もあるのですがレイアウトを楽しんでいる方々なら何かしら触発される所のある一篇と思います。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【レイアウト趣味から見る特撮映画・その1】

 私の鉄道模型趣味、レイアウト志向のバックグラウンドのひとつとして「黄金期の特撮映画・テレビのミニチュア描写」があります。自分が凄いと感じたミニチュアシーンやパノラミッ...