FC2ブログ

トミカにならなかった「そいなみ車」から スズキエスクード(初代)

 トミカにならなかった「そいなみ車(そういえばいつのまにか見なくなった人気車)」シリーズから
20210324SE (1)

 今回はスズキエスクード(初代)をば。

 1980年第終わり頃から1990年代半ばにかけて、パジェロとサーフの大ヒットに端を発したクロカン四駆ブームがありました。
 それらはさまざまな追随車を生み出し、街中の路上をジャングル化させていたものですが、そうした中でポッと出現し気がつかないうちに人気車になっていた車がありました。

 1988年に登場したスズキエスクードがそれです。
 一応クロカン四駆の文法に従いショートホイールベースのエンジン縦置きFRベースのパートタイム四駆とはなっていましたが、ボ ディデザインは当時の丸みを帯びた四駆と異なり乗用車的な直線基調のペキペキデザイン。
 しかも普通は鉄製が当たり前だったバンパーが樹脂製になっていて四駆っぽさが幾分か希薄でした。

 実はエスクードは中身は本格四駆だったものの用途としてはシティランナバウトに近い使われ方を想定した車だったそうで、クロカン四駆と今のSUVの間を繋ぐミッシングリンク的な存在の車でした。
 何しろ当時のスズキの担当者が「みなさん何か勘違いしておられるようで、これでオフロードに乗り込まれるので困るんですよ」とか言っていたそうで、それを指して「ネズミを怖がる猫」とある雑誌で例えられたくらいに当時は理解されないコンセプトだったのです。
20210324SE (4)

 ですがボディサイズがパジェロより一回り以上小さかった事と当時空白区だった1600クラスの四駆だった事から人気に火がつき、あっという間に当時の路上を席巻しました。
 最初はショートボディのみだったバリエーションも後にノマドと呼ばれる5ドアロングボディ仕様が追加され万全の体制になります。

 人気車のバロメーターと言える「同クラスの競合車」もダイハツが「ロッキー(初代)」で追随しましたしw

 ですがその勢いもトヨタのRAV4とホンダのCR-Vが登場するまで。
 SUVルックのクロカン四駆と本格SUVのはしりとなったセダンベース四駆とではお手軽感が違いすぎ、クロカン四駆の中身のエスクードは徐々にシェアを落として行きました(クロカン四駆にお手軽感を求める向きが飛びついたのがより本格性が薄いSUVだったと言うのも時代を象徴していますね)

 エスクード自体はモデルチェンジを繰り返しながら現在も継続中ですが今では存在自体が妙に影が薄くなってしまいました。最大の武器だったコンパクト性も海外生産の現行モデルでは昔のランクルプラド並みにデカくなりましたし。

 トミカでモデル化されているエスクードは現行モデルですが、初代エスクードは結構ミニカー向きの素材だったと思うのに何故かモデル化されませんでした。
 もったいない話ではあります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント