学研の「学習」にみるレイアウトの原点

1297533751.jpg

昨年の初め頃に物置をひっくり返して見つけた雑誌。
 私が小学生時代の頃の学研の「学習」です。実はこの雑誌、私が鉄道模型を始めるきっかけとなった記事が掲載されています。

 その頃までは親類に16番をやっている機関士がいたのですが、この時期までは鉄道模型というのは自分がやるには高嶺の花もいいところで値段的にも、又、工作の技術的にも小学生の自分が踏み出すにはまだ早い感じがありました。
 そんな時に読んだ「学習」の記事は私にとって衝撃的でした。
1297533764.jpg

関沢新一氏(美空ひばりの「柔」の作詞者にして「モスラ」のl脚本家。「ほろびゆく蒸気機関車」でSLブームを拓いた方でもあります)の「自宅内を一周するレイアウト」との出会いです。

 家の中の壁沿いに線路が張り巡らされ、一周するうちに春夏秋冬の風景を列車が通り過ぎる演出。トイレの中にまで本線の一部が通過する遊び心とこだわり。
 どれもこれもそれまで知っていた車両工作中心の「鉄道模型」とは一線を画した世界でした。
 「自分なりの夢の国をわが手にする」楽しさがそこにある事を知った訳です。

 「これをやりたい、いつかこういうのをやりたい」と考え始めたそのタイミングに近所の模型屋で初めて「関水金属のNゲージ」に出会いました。この二つが無ければ鉄道模型の趣味に入るタイミングは少なくとも5年はずれたかもしれません。
1297533780.jpg


 関沢氏のレイアウトは本人が出したがらなかったらしく、TMSを初めとする専門誌には殆ど載らなかったと記憶しています。
(雪のトンネルの部分はCMフィルムに使われて海外で賞を取ったという事です。後で調べてみたら「龍角散」のだそうですので当時の笑点かスター誕生辺りで見られたかもしれません)
 むしろ今回の「学習」のように児童向けの雑誌や一般向けのムック類で見かける事が多かったかもしれません
(一時期私も見かけたら買う様にはしていたのですがトータルでの資料が少なくこのレイアウトの全貌はつかみきれませんでした)

ある意味趣味人の手本のような方ではありました。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

小学生の頃・・・

こんばんは!一昨年、観覧車を作った者ですm(-_-)m
昨年は電飾LEDをソーラーにしたのですが、光センサーがシビアで真っ暗にならないと点灯しないという失敗!さらにセンサーバッテリーユニット部が重くて観覧車がスリップして回転しないトラブルに!今年は全部ばらして作り直しです!間に合うかな(今年の開催は11月3~4日です)
この関沢さんのレイアウト、NHKでみたような気がします。トイレの中まで線路が敷いてあるのをみてびっくりしました。小学生のころ、図書館に 子供の科学〔月刊誌〕 という本があってその中に毎回 HO鉄道模型の工作がのってました。材料は木とボール紙で寸法もしっかり載ってました。台車と連結器は別途用意でした。わくわくしながらみたものです。でも当時線路も台車等も売ってる所は近くになく、いつかはと思いながら毎月楽しみに見てました。中学になって友人から 関水金属Nゲージ の本をもらってそれからNにはまっていきました。お金がないのでバルサ板と工作用紙で キハ82系やナハ10系客車を作ってましたね。大人になっていくらか自由にお金を模型に使えるようになってもやっぱり貧乏性といいますか、レイアウトストラクチャなどは殆ど手作りですね。ちなみにバラストは川の砂を茶漉しなどで濾して使ったり、ノコギリ木くずも何色かに分けて色付けして地面用に使ってます。あとスポンジ(そろそろ桃の季節なので箱のパッキン用/=ゴミ 八百屋さんからもらってくる)を適当にカットして少し水を加えてミキサーでシェイク!
細かくなったら絞って乾燥!あとは色を染込ませてさらに乾燥!色によって山肌、樹木等色々使えますよ!

>yuuchanさん

 「子供の科学」は私が中学の頃位までは鉄道模型の記事があったと記憶しています。
 当時は「模型とラジオ」とともによく読ませてもらいました。他の記事もなかなか読ませるものが多くて楽しかったですね(遠い目)

 川砂やおがくずをレイアウトに使うというのも昔は定番のテクニックでしたね。最近は専門誌でもこの種の工夫が殆ど添え物扱いなのが残念ですが、yuuchanさんがそれらを積極的に取り入れられておられるのは非常に心強い感じがします。

 すくなくとも「貧乏性」とは違いますね(笑)

関沢新一氏のレイアウト

このレイアウト、NHKの番組で紹介されているのを随分昔に見た記憶があります。
当時、鴨居の高さに作られた、鴨居鉄道は有名でしたが、このレイアウトは、トイレの中も列車が走っていたのが驚きでした。
学研の「学習」は、一時期購読していたので、この記事も見ていたかもしれません。

トラックバック

まとめtyaiました【学研の「学習」にみるレイアウトの原点】

昨年の初め頃に物置をひっくり返して見つけた雑誌。 私が小学生時代の頃の学研の「学習」です。実はこの雑誌、私が鉄道模型を始めるきっかけとなった記事が掲載されています。 そ...