東北新幹線開業30周年におもうこと

 昨日、6月23日は「東北新幹線開業30周年」でした。
 
 改めて思い出すと感慨深い物があります。
 なぜならば、この新幹線が開業していなければ私が今の住所に住む事がなかったであろうからです。

 私が今の住所に移り住んだのは東北新幹線が上野に延伸した直後の事でした。
 それまでは在来線特急を使っても8時間以上は見なければならなかった移動時間が6時間台と劇的に短縮したのです。
 
 それは同時に帰省のしやすさという形で他の地方への就職、移動を後押ししてくれたきっかけでもありました。
 ですから趣味の対象としてよりも純粋な移動機関としての新幹線の恩恵は非常に大きかったと思います。

 おそらくこの感覚は新幹線があって当たり前の環境に育った方にはわかりにくいと思います。利便性の向上によって人の人生や見識が変わったり成長した事を肌で実感できたというのは私にとっても大きな財産でした。

 その後の延伸やスピードアップで現住地と故郷の所要時間はさらに縮み、E5系になって遂に3時間ちょっとまでになりました。つまり思い立ったら日のあるうちに日帰りすら可能になった訳です。

 ところが、実際にはその存在が私の人生そのものを変えたにも拘らず200系もE2系もMAXに対しても趣味の対象としての思い入れが希薄です。接続するスペーシアでさえ模型を買ったのに東北新幹線の模型は私のラインナップにほとんどありません。

 おそらく年に何回も利用している「客」としての感覚がホビーの対象として新幹線を捉える事への拒否感の様なものがあるのかもしれません。不思議な事に移動そのものの思い出は同じ行程を車中泊込みで車で走っている時の方が大きかったです。

 ですが30年近く付き合ってきただけに新幹線の思い出はかなりありますし、これからこのブログでその事について触れる事も増えるかと思います。

(いつものブログならここで200系の写真でも入れる所なのですが私自身それらの写真をほとんど撮っていなかったので載せる事ができません。ご勘弁を)



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【東北新幹線開業30周年におもうこと】

 昨日、6月23日は「東北新幹線開業30周年」でした。  改めて思い出すと感慨深い物があります。 なぜならば、この新幹線が開業していなければ私が今の住所に住む事がなかったであ