昔の鉄道本から2・児童向け入門書の世界(笑)

 先日の続きですが、今回も昔の児童向け入門書から
DSCN2963.jpg
 ジュニア入門百科(秋田書店)から。当時鉄道ものに最も力を入れていたシリーズではなかったかと思います。
 タイトルがひねりを利かせていますが、ほかに定番のタイトルが既にラインナップされていたからこそこういうタイトルになっているのではないかと思います。何しろ「鉄道クイズ」だけの本までありますし。
DSCN2965.jpg
 小学館の入門百科も鉄道系が出ていました。SLブーム真っ盛りの時期にあえて「電車なんでも入門」などというのを出してくる辺りに老舗の意地を感じた気がします。

 実際私はこの本で大手私鉄の構成を把握出来ました。

 何しろ「私鉄電車」自体がない田舎ではこれは貴重な情報源だった訳で。

 ライバル(?)の学研ジュニアチャンピオンコースでは鉄道ネタをほとんど扱わなかったのとは対照的です。
DSCN2964.jpg
 ケイブンシャ等から豆本サイズの入門書が出回り始めたのは80年代初頭辺りだと記憶しています。

 71年頃に発売された「原色怪獣怪人大百科」辺りがその嚆矢と思われますが、きっかけがそれでしたから主に怪獣・変身物の図鑑が多く「鉄道ネタ」や「女の子向けのネタ」が並び始めた時にはやや違和感が(笑)
 80年代中ごろには「鉄道模型大百科」も出ていた筈ですがその頃になるとTMSかとれいんを読んでいた時期でしたから手を出しませんでした。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント