ダブルビデオの語る夢(笑)

DSCN1791.jpg
 今回は久しぶりのビデオ話です。
 8ミリの据え置き型やビデオウォークマンの導入に伴って8ミリのテープは徐々に増えていきました。今私の手元にあるビデオテープのコレクションの何割かは8ミリなのですが、もしこれがすべてVHSだったら空恐ろしい事になります。

 これはソフトばかりでなくハードにもいえる事で規格に応じてデッキが増えてゆくものですから(ベータ、VHS、LD、8ミリ)それを置くスペースの問題も馬鹿にはなりません。

 そんな訳で当時徐々に出始めていた8ミリとVHSのダブルデッキは趣味と言うより必要性の問題から導入を検討していました。折も折、SONYからハイエイトとS-VHSのダブルデッキ(当時のSONYはS-VHSにはあまり本腰を入れていませんでしたから8ミリはハイエイトでもVHSはノーマルのままと言うのが多かったのです。)WV-SW1と言うのが出たので早速飛びついた訳です。

DSCN1792.jpg
 今のブルーレイデッキでは半ば当たり前の機能である「ダブルチューナー」ですがこの当時はかなり珍しかったです。
 元々が「カムコーダの8ミリテープをVHSへ落とす」意味のあるデッキでしたが一方で「VHSのテープを8ミリにダビングしやすくして8ミリへの移行を図る」側面もありましたからそういう用途に使う分にはダビングのつなぎ目の精度はそこそこ良かった記憶があります。

 それに関連して使えた機能として「2画面再生」機能があります。
 8ミリとVHSで同時再生した画面を2画面表示できる(更にその画面を別のビデオにダビングできる)のですがこれはエアチェックと言うよりも教材や記録ビデオに活用できる機能でした。たとえば野球のフォームを記録する時に練習前と練習後の違いを同時再生で比較できたのです。

 研修会などに二三度使った事がありましたが結構好評でした。

 ただ、機能についてはダブルゆえのメリットが最大限に感じられたのですが肝心の画質は専用機に一歩譲る印象でした。特にS-VHSなどは同時期のVictor辺りのデッキに比べるとどこがS-VHSなんだかわからないレベルで少しがっかりしたものです。

 ですがダブルデッキと言う存在は「テープのビデオデッキ」が最後に語った夢の様な気がします。
 これ以後もビデオの高画質化は進行するのですがその使い方について「こういう事も出来るんだぞ」と言う提案があったのは実質これが最後だったのではないでしょうか。

 以後、そうした部分はDVDやブルーレイの独壇場になってゆきますし、視聴やエアチェックの概念自体もネットの普及でその性格が変わってゆきます。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント