特撮と鉄道模型のはなし

私の鉄道模型ライフの原点のひとつに「特撮映画」というジャンルに子供の頃から慣れ親しんでいたと言う事があると思うのですが今回はそれに関連した話題を。
1398522097_72.jpg

 以前触れた事がある「フランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラ」
 本編では鉄道のミニチュアがほとんど出ない作品ですがミニチュアワークに「画になる構図」が多く、レイアウトやジオラマ志向の向きにはなかなか参考になる映画でもあります。

 ところでこのソフトの特典映像に「特撮映画の小道具探訪」といった物があり過去に製作された特撮物のミニチュアで今も現存している物が紹介されています。
 肝心の「サンダ~」の物が殆どないのですが飛行機や超兵器のミニチュアに混じって鉄道のモデルもいくつか紹介されており興味深いものがありました。

 具体的に挙げると
 昭和36年の「モスラ」に登場した地下鉄銀座線及び山手線電車と紹介された72系らしき車両

 昭和37年の「キングコング対ゴジラ」に登場した急行津軽と紹介された181系(※1)及び東京都電

 昭和43年の「怪獣総進撃」に登場のオリジナルのモノレール、及び中国の機関車(恐らくこれもオリジナル・※2)

 そして私も知らなかったのですが昭和40年の「怪獣大戦争」に使われたキハ82系

 が登場しています。
 ミニチュアは何れもブリキ製で1両辺り80センチ前後との事。鉄道博物館の展示模型くらいの大きさのようです。
 この中でキハ82系はこれまで特撮映画で見ることのなかった車種なのですが、よく聞いてみると登場シーンが編集段階でカットされていたとの事で未使用フィルムの中でしか見られないミニチュアだそうです。その意味でもお宝度の高い映像でした。
2011-1011-046.jpg

 この他、昭和37年の「妖星ゴラス」でゴラス接近時の高潮に飲まれる東海道線のED旧型電機の牽引する旧客列車の未公開映像も印象的です(本編ではロングで少ししか出てこない)※3

 元々特撮映画のミニチュア製作者には鉄道模型をやっていたり造詣の深い方も多かったようですがそうした方々の仕事の片鱗を怪獣映画のソフトで垣間見る事が出来ると思いませんでした。
 
先日見学した『特撮博物館』でもこれらのミニチュアの大半について実物を拝見する事ができました。
SNShouo71IMG_3608.jpg
 そこで目を引いたのは「青島要塞爆撃命令」と言う映画に出ていたB6タイプの蒸気機関車でした。
(写真は同系機のNゲージバージョンです)
 展示品のモデルでは最も大きいものでしたが、よく見るとキャブ内部に内燃機関のエンジンらしきものが視認出来て驚きました。
 鉄道模型の文法ですとこれ位の大きさの蒸気をモデル化するならライブスチームが普通なのですがエンジン駆動の蒸気モデル(もし私の推測が正しければですが)と言う発想は正直意表を突かれるものでした(笑)

 また、市販品で見慣れている「模型」の文法からすると足回り・ロッド周りが凄く華奢な印象で少し違和感を感じたのも事実です(とはいえ、これは市販模型の方がディフォルメをかけている可能性もあります。実際の明治期の蒸気の写真を見るとロッド周りはかなり華奢ですし)

 これだからこの世界も侮れません。

 ※1・東北本線でゴジラに襲われるシーンが印象的ですが私見ではこの5年ほど前の「宇宙大戦争」に登場したこだま号のミニチュアではないかと思われます。この車両は後にヘッドマークを「あずさ」に書き換えてTV版「日本沈没」にも登場しているようですがその時の舞台設定は山形なので「あずさ」というのはどうかと(因みに実景シーンでは顔がまるで違う183系のあずさがインサートされていたと記憶しています)

 ※2・機関車はオリジナルですが牽引していた客車は実は先に触れたキハ82系を塗り替えた物でした。「総進撃」は何度となく観ているのですがこの特典映像を見るまでそのことに気付かなかったので驚きでした。

 ※3・今回特撮博物館の展示で確認しましたがED16型でした。デッキが片方欠損していますが一抱えもありそうな大きさで結構な迫力です。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

特撮の模型

 妖星ゴラスを検索したら辿り着きました。
さて宇宙大戦争とキンゴジに出た151系(181系)は当時カツミ模型店から出ていたOゲージのキットを組んだものと思います。
またキンゴジに出た営団300型は恐らく当時のOゲージの台車(カツミ)に、やや大き目な車体を乗せた物かと思います。
怪獣総進撃に登場する客車がキハ82とは私も知りませんでした(機関車に目が行くので)
でゴラスに登場するミニチュアは意外な物が多く例えば高波に飲まれる列車はEF57ではと言う話を聞きますがゴジラ対へドラで僅かですがEF57(恐らくOゲージサイズ)のデッキ部分が写ります。
後、鉄道模型では無いですがゴラスに出て来た重機の模型はキンゴジで自衛隊特科部隊として1966年ウルトラマンではガバドンが現れた工場地帯に出てます(大型サイズの貨車も何両か確認できます)
以上、長々と書きましたが参考となれば幸いです。

Re: 特撮の模型

>星川航空整備部 さん

 コメントと情報ありがとうございます。

 キンゴジの営団300、実は今回の展示にないかと期待していたのですが見つけられませんでした(探し方が足りなかったかも)コングとの比率からみて市販品より大き目だと感じていましたがやはりそうだったのですね。
(一方でポスター写真でコングが振り回しているのはどう見てもHOスケールなのが面白いです)

 今回のご指摘を受けて「~へドラ」もチェックして件のシーンも確認しました。
 デッキが短い点や先頭部屋根の形状、動力台車が2軸であるところから見て「ゴラス」のED16の使い回しと思われます。今回見学したED16は上にあった151系よりも一回りくらい大きいサイズなのでOゲージ以上のラージモデルと思われます。

 ついでにテレビ版「日本沈没」の181系転覆シーンもチェックしましたが、こちらは比較対象となるミニチュア(例えば線路や砂利など)がわかりやすい構図だったのでご指摘の通りOゲージのモデルらしいですね。

 ただ本編のカット割りですがよく見ると電気釜は485系の様ですので「山形県陸羽西線」と言う設定に合致しているのですが、次の瞬間ボンネットのあずさ(181系)に切り替わりミニチュアシーンにつながっています。

 結構当時はおおらかでした(笑)

東海道線の異変

>≧東北本線でゴジラに襲われるシーンが印象的ですが私見ではこの5年ほど前の「宇宙大戦争」に登場したこだま号のミニチュアではないかと思われます。

>「宇宙大戦争でこだま号のミニチュア列車」と言うと、映画の序盤で「鉄橋が宙に上がり、走ってきた特急列車が脱線転覆する」と言うシーンに出る列車でしょうね。

「特撮映画と鉄道模型」といえば、ゴジラの第1作目で品川駅へ向かうEF58の牽引する客車列車がゴジラの出現で脱線するシーンを思い出しますが、あのシーンに出るEF58もHOゲージのEF58を撮影に使ったのでしょうか。

Re: 東海道線の異変

>時間ですよ、しんこちゃんたびたび さん

 ゴジラの一作目の頃は鉄道模型ではHOゲージ(80分の1)は傍流扱いでまだまだOゲージや一番ゲージが幅を利かせていた頃です。ゴジラの足や頭と車両の大きさとの対比から考えると恐らくはOゲージ(45分の1)か一番ゲージ(32分の1)ではないでしょうか。

 実際はこれでもまだ特撮に使うミニチュアとしては小さすぎるのでオリジナルサイズという事も十分考えられます。

 怪獣映画に出るHOのモデルとしては昭和37年の「キングコング対ゴジラ」のポスターでコングが頭上に掲げている電車が時期的にも怪獣との対比から言ってもHOゲージの可能性が高いと思います。