困った時のスカイライン

IMG_0623.jpg
IMG_0624.jpg
 今回のタイトル、一時クルマ雑誌の合言葉だった言葉だそうです。
 雑誌が売れない時でもスカイラインの特集を組むとその雑誌が売れるという意味だそうで(笑)
 今のスカイラインもそうなのでしょうか。

 それは置いておいて、

 16番の車両は小型電車3両に機関車2両と私の予想を上回るペースで増備されてきました(汗)
 ですが風景を構成するアクセサリーは相変わらずトミカが数台という現状です。今回の増備では広電ハノーバーなんていうのもありますからもう少し車が欲しいところでした。
 そんな訳でカーコレ80から中古を調達してきました。

 カーコレ80はNのそれに比べて車種選択が渋いといいますか、「日常風景でよく見かけた車種」に重点が置かれている印象で非常に好感が持てます(できればNのほうにもそのセンスを少し分けて欲しい個人的に思うのですが)
 ただ、流石に人気車種は中古屋にもなく売れ残りから拾い集める形になりましたが、それでも面白いものが残っています。
IMG_0621.jpg


 これなどはその「日常度」がかなり高い車種(それだけにマニアが寄り付かない)といえます。
 スカイラインTI。ジャパンの後期型です。
 昭和51年から55年頃にかけて出ていた車種ですがジャパンの頃まではスカイラインも6気筒ロングノーズのGT系と4気筒TI系の棲み分けがうまく機能しており(前者は走り屋若向け、後者は堅実お父さん仕様と言えばわかり易い)自家用はもとより営業車やタクシーでもかなりな頻度でスカイラインTIを見かけたものです。
 ただ、この後期型ではなんとなくグリル周りが安っぽくなり(前期型ではそれなりに光り物が多かった)「GTの廉価版」の様なイメージを作ってしまったのがTIを衰退させた遠因になったような気がします。

 スカイラインは元々4気筒メインの車種としてスタートしており後から追加した6気筒ロングノーズモデルのGTに庇を貸して母屋を取られた格好になったのでそうです。

 この後のR30型ではGTとTIでボディを共通化してしまいTI特有のショートノーズの取り回しのよさが失われますます「GTの安物」イメージに拍車がかかってしまいました。
 実際この型以降タクシーでスカイラインを見る事は殆どなくなった気がします。
IMG_0625.jpg

 そのR30の中でも尤も変なタイプがこの「5ドアハッチバック」でした。
 R30はGTとTIでボディを一本化した反面ボディバリエーション自体はむしろ拡大しているのですが、当時はFFファミリアの大ヒット、アコードやコロナなどのミドルクラスハッチバック車の登場などに刺激されたのかそれまであったワゴンに変わって投入されたのがこのハッチバック(それもGT系で)だったと記憶しています。

 当時街中で見るR30の中で尤も見かけなかったボディでしたが他のコンパクトHBやレオーネ辺りのワゴンとは明らかに雰囲気の違う個性を発散していた車種ではありました。
 但しラゲッジスペースが変な形状だった上にテールゲートがバンパーレベルから開かないなど使い勝手はハッチバックの中でもかなり悪い部類に入ります。
 ただ、珍しいボディの割には風景に置いても意外に違和感がないのもそのセンスの良さからでしょうか。
 
 余談ですが今はどの車にも装備されている薄型のテンパータイヤを日本で始めて装備したのがこのHBでした。

 R30というと4バルブDOHCのRSグレードがトップモデルでしたが、これは4気筒。歴代スカイラインで4気筒モデルがピンに立ったのはこれが最後となりました(R31以降のモデルでは6気筒DOHCのRB系エンジンがメインとなってしまいます。今では軽自動車にまである4バルブDOHCも当時は結構な神通力を持っていました)

 昔の専門誌などを見ると路面電車のレイアウトの記事でスケール違いのトミカが電車と並んでいるカットが続出していたものですが、今では電車と同スケールでこんな渋い車種を並べる事ができるのですから16番も良い時代になっている事を感じますね。

 鉄道模型中心のブログですが今回はなぜかクルマの思い出バナシばかりになりました(汗)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント