「光山仕様」の電車たち(汗)

1265653286.jpg

今回は鉄道模型のはなしから。

中古屋でジャンク品を押さえる事が多いと往々にしてある事ですが、入手した物のパーツが欠落していたり破損していたりする事があります。
 そのままにしている事もたまにありますがASSYで手当てがつく物はそれらを補充して対処しています。

 ですがこれもよくある事ですが、その車両の純正パーツが手に入らない事もあります。
 それらについては別の車両のパーツで手当てしてしまう(但しできる限り矛盾の少ない形でですが)事が多いです。

 こうした物を半ば冗談に「光山仕様」と名付けています(笑)
 
 そのルーツはこの趣味を再開した直後に入手していた415系100番台の先頭車検電アンテナが欠落していたのを475系のそれを手当てして差し替えたのがその始まりでジャンク品を中心に「光山仕様」がぽつぽつと増えています。
1265653460.jpg

 写真の物は4年ほど前に入手したKATOの117系旧製品。
 セットで入手した時には意外な安さにいぶかった物ですがそれもその筈で片側の先頭車のスカートとカプラーがそっくり欠落していました。
 そのままでも走りには全く問題がない(それどころか旧動力のせいか140Rのミニカーブをクリアしてくれるありがたい存在です)のですがやはりスカートもカプラーもないのは気になってしまいます。
 とはいえ旧製品のASSYパーツの入手が出来なかった事もあってスカートのみをたまたま入手できた165系のそれと差し替えてしまいました。
1265653474.jpg

 スカートの色が違う上にジャンパ栓の位置も異なりますがそれでもスカートなしよりははるかにましです。

 上記の二編成は今でも当レイアウトの主力のひとつとして活躍中です。
 むしろ限りなくプロトタイプに近い自分流のオリジナルが得られた事で愛着がわいてくる側面もあるのかもしれません。 

 形態が多少変わってもそうする事で活躍の場が得られるならばこうした加工をしてみるのも悪くない気がします。

 さて、このはなしをメインブログにあげたのは2年ほど前ですが、あれから「光山仕様」が増えること増えること(汗)
 パーツごとの差異ですんでいるくらいならまだよかったのですが185系みたいに「編成が3メーカー混成で動力までコンバートしてしまった」代物まで登場するに及んで泥沼化している気がします。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

欠落パーツ

中古で入手したものはまだ諦めがつきますが、何度か経験していますが、自分で購入した模型の、予備がないパーツがなくなっている事を発見した時は、かなりショックですね。
私の場合、お湯まるとパテでコピーも実行しましたが、大きなものは、プラ版などから自作するのが良さそうですね。
私は、まだ使ったことはありませんが、メーカーに予備のパーツがあれば、時間とお金が掛かりますが、メーカー修理も使えるようですね。

Re: 欠落パーツ

>oomoriさん

>自分で購入した模型の、予備がないパーツがなくなっている事を発見した時は、かなりショックですね~


 仰る通りこのパターンは多いですね。同一メーカーの同一形式であっても製造時期の違いでパーツが無かったりすると目も当てられません。
 以前KATOのEH10の伝達シャフトで経験しました。文字通りの要のパーツだっただけにショックは大きかったです。

 まあ、こういう致命的なものでなければKATOのEF58のパンタをTOMIXのそれで代用する程度で済むのですが。