Nゲージ入門書の黎明期・番外編

 Nゲージ入門書の黎明期シリーズ(笑)今回は番外編です。
DSCN3336.jpg
 1982年の全日本鉄道模型ショウで配布された「鉄模連総合カタログ」

 実は最初これはこの手のショーでよくある宣伝中心のパンフレット位にしか思っていなかったのですが、読んでみて驚きました。
DSCN3337.jpg
 主催者がHOゲージメインの日本鉄道模型連合会なのでHO(16番)にウェイトが置かれているのは当然なのですがNやOゲージ、ライブスチームに至るまでの他のフォーマットについての説明も要領よく勝つ豊富に纏められています。
DSCN3339.jpg
DSCN3338.jpg
 そればかりか、16番では主流のブラス(真鍮)モデル工作の基礎やペーパー車体の工作、動力の組み込み方や塗装の要領までが文章主体のものとしては非常にわかり易く書かれていました。

 レイアウトについても同様でわずか4ページでよくここまでうまく纏めた物だと驚かされます。

 最後には海外の鉄道模型の動向やサウンドシステムについてもページが割かれ、それらを経てようやく本来の「カタログ」になると言う構成でした。

 子供が読むには活字が多くて辟易しそうになる弱点もあるのですがオトナで「これから鉄道模型をやってみようかな」と言う向きにはとても良い入門書に見えました。

 唯一欠点と言えばカラーページが無い事くらいでしょうか。
 
 ところで本書を見ていて見つけた一節から
「これで一応運転できる状態になったわけですが、つい安心してしまい、この段階で工事がストップしてしまう方が多いものです。しかし、ここまではレイアウトとしては基礎段階、次のシーナリィが加わって始めてレイアウトの醍醐味が味わえるのですから頑張って下さい」

正に至言なのですが、同時に・・・「ああ、耳が痛い」



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめ【Nゲージ入門書の黎明】

 Nゲージ入門書の黎明期シリーズ(笑)今回は番外編です。 1982年の全日本鉄道模型ショウで配布された「