R31スカイラインのトミカのはなし


DSCN3780.jpg
 今回はR31スカイラインのトミカのはなしです。

 R31スカイラインは85年のデビューでしたが、発売前のスクープ写真の時点で「妙に大きいR30」「前のとどこが違う?」と言われたデザイン(実は私もそう思った一人なのですが)に加えて当初は4ドアセダンと4ドアHT(あとワゴンもこっそりと)と言うラインナップだったため歴代でもかなりの不人気モデルとしてスタートしてしまった車でした。
 現行のGT-R(スカイラインを名乗っていませんが)がそうであるようにスカイラインはハコスカ以降2ドアHT(または2ドアクーペ)を歴代のイメージリーダーとしていたクルマでしたからこれも致命的な戦略ミスだったように思います。

 「R31に2ドアが出る」というスクープが出たのは翌年初夏の「フライデー」だったと記憶しています。
 誌上のスクープ写真にはR30の進化系を思わせるスタイリングの2ドアが掲載され「ようやく出るのか」と少し胸をなでおろしたのが思い出されます(笑)

 いざ登場したGTSは初の6気筒DOHCターボとHICAS(4WS)外見上は可変フロントスポイラー装備とかなり新機軸満載での登場となりました。
(4ドアでも同じ装備は多かったのですがなにしろカッコが古すぎたのでアピールに欠けてしまったのが残念でした)

 トミカでもスカイラインは人気車種でしたからすぐにR31GTS(確か2ドアのみに付いた名称)もリリースされました。
 実車は買えなくてもトミカでは私も速攻で飛びつきましたw
DSCN3782.jpg
 
 ところがそのほぼ同じ時期にGTSの上位グレードとして「GTS-R」と言うのが登場しました。
 こちらはGTSをベースに馬力アップ、足回りの強化、可変スポイラーの廃止などを施し、GT-Rをイメージさせようとした硬派グレードでした。
DSCN3781.jpg

 驚いた事にトミカもすぐに金型を変えてGTS-R仕様に変身してしまいました。
 あれ以後初期型のGTSはリリースされていないようですので恐らく金型改修したものと思われます。
 この結果、皮肉な事に実車とは逆に「GTS-R仕様よりもノーマルのGTSの方が希少品」という現象が(似た現象は同時期のHONDAシティのトミカにも見られます)

 これなどは人気車種ならではの現象と言えるでしょう。

 ただ、実車の方は4ドアで大掛かりなマイナーチェンジを施したりもしたのですが「タクシーに置いていかれるGTS」とか「改良を繰り返してやっとラングレー(パルサーベースのスカイライン似のFF車。スカイラインよりもかなり下の車格ですが当時のカーオブザイヤーを取りました)のレベルになった」とか、当時の専門誌では書かれ放題でしたし街で見かけるR31の数もR30より少なくぱっとしない印象でした。
 そのスカイラインですが先代に似せすぎたデザインの失敗に懲りたのか次期型のR32はみなさんご存知の様な思い切ったデザインで登場しGT-Rの復活で人気を取り戻します。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント