「銀河鉄道999」の思い出ばなし(笑)

DSCN5089.jpg
 このブログでアニメネタを描くのは久しぶりです。
 但し作品そのものではなく「観に行った時の思い出話」ですが(笑)

 30年以上前、私がまだ学生だった時の事です。
 夏休みの日曜を使って当時話題の映画のロードショー公開を観に行った事があります。

 それが「銀河鉄道999」でした。

 チケットを買って館内に入ったのは良かったのですが館内の人混みの凄かったこと!

 前年の「さらば宇宙戦艦ヤマト」の時も人混みが凄かったのですが(それでも無理やり座ったのでどうにか楽だった部類でした)999はそれ以上の数の客で満杯でした。

 田舎の事とて当時は観客の入替えせいもなければ指定席なんてものもないので椅子席は早い者勝ちでさっさと埋まり、上映直前に入った私のようなボンクラは後ろの方で、しかも前の人の列の頭越しにスクリーンを観る羽目になるわけです。

 館内の熱気(物理的な意味で)も物凄く冷房などあっても役に立っていないほど暑苦しかった上に立ち見ゆえに飲み物一つ手にできなかったので上映中は暑さと渇きでボーッとすることもしばしばでした。 

 結局エンドマークが出るまで立ったままで過ごし、映画館を後にしたのでした。
 映画を全編立ちっぱなしで観た事など、それまでありません。

 しかしそんな悪環境の下でも、ラストシーンではきっちり感動して涙まで流せたのですからあの頃の私は若かった(いろんな意味で)
 最もこれは私だけでなく周囲に居た大半(それも女子中高生が多かった)がそうでしたから、あたかも映画というよりライブ会場にでもいる様な様相を呈したのでした(笑)

 映画のジャンルでアニメブームと呼ばれるものが始まったのはこの2年位前の「宇宙戦艦ヤマト」の劇場版あたりからですがあの頃は毎年夏になるとどこかしらでこの手の宇宙超大作アニメが公開されていました。
 そしてまた、そのたびにこの手の熱気に満ちた「バーチャルライブ会場状態」があちこちの映画館で現出していました。

 私の田舎では恐らくこの4年位後の「イデオン発動編」のあたりまではこうした状態だったと思います。

 さて、何でこんなカビの生えた思い出話をしたかといいますと、
DSCN5084.jpg
 こいつが入線したせいです(笑)
 これについてはメインのブログで取り上げております。
光山市交通局・「銀河鉄道999のC62(笑)」




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント