「Nサイズのマイティライナー」は大惨事(大汗)

DSCN5143.jpg


 先日紹介したNサイズミニカー話の後報です。
 あれの中にあったケンメリスカイラインの改造を行いました。

 フェンダーにウィングを取り付け、テールにも大型ウィング。
 屋根には鉄コレの台車中心ピンを加工した光線砲を追加。
DSCN5266.jpg

 フロントにはグリルカバーを付けましたがベースのモデルがボンネット部分が反り返っているためそのままではグリルも上を向いてしまうため加工に少し手間が掛かりました。

 問題のリペイントですがこのサイズでの塗り直しはやはり私には鬼門です。
 塗りわけが細かいと更にその欠点が助長されます。
DSCN5280.jpg

 ・・・と、こうやってでっち上げたのは
 40年前の特撮変身物の「流星人間ゾーン」に登場する「マイティーライナー」だったりします。
 さて、これの存在を知っているNゲージャーは今どれだけいることか。
 これが上手くいったらカーコレのフェアレディをマッハトリガーに改造するつもりでいたのですが、これの出来を見ると腕を組んで考え込んでしまいます(涙)
 ですがやっぱり勢いでやっつけてしまいそうな気もしますが

 余談ですがトミカのマットカーの好調に対抗してかヨネザワのダイヤペットチェリカ(70年代の中ごろにトミカの対抗馬として売り出されたシリーズです)から当時のケンメリベースのマイティライナーがモデル化された事があります。
 あの当時はモデルの存在自体知らなかったので後になって臍をかんだ苦い思い出があるのですが、そのときの恨みも今になって少し噴出している気もします。

 まったく40代のおっさんがなにやってんだか。
DSCN5277.jpg

 出来としてははっきり言って掛け値なしの「大惨事」なのですが殆ど勢いだけで作ってしまった代物ですのでご勘弁を(言い訳になっていない汗)


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あれれ

 東宝物ですね(笑)
流星人間ゾーンとは懐かしいというか少しマイナーと思われがちですが同時期のタロウと比べると面白かったかな!
ゴジラがTV特撮に出た初番組でキングギドラやガイガンまで観られるとは思いませんでした。
ゴジラ対メガロの後日談的な感も・・・
さてマイティーライナーでダイヤペットと有りましたが第二期変身ブームで忘れてはならないのが単にシールを貼ってミラーマンカーとかシルバー仮面カーetcが販売されていた事です。
これも貴重なコレクションアイテムですね(笑)
流星人間ゾーンと言えば放映終了後2年位に文房具屋でガロガーカーのゴム動力プラモデルを買いました。
たしかガロガカーは変する前は黒い1951年型シボレー?に似た外車だった気が?
前に書いた特撮史ですが、たまたま図書券が何枚か持っていたので買えました(笑)
で買った場所と時期が興味深くゴジラ対ビオランテ公開初日の日で場所は新宿の某風俗街の中にある書店で本当に関係ない本が置いてある本棚にデンっと置いてありました。
西武新宿線を使った際に何気に行った本屋でしたが
今もあるかな?
でこの本~絵コンテ資料が面白く宇宙大戦争のナタール人は本編だと外国人の科学者に乗り移って会議に侵入しますが絵コンテだと半透明人間みたいに建物の影から様子を伺っている図になっています。
またメーサー車(文が長くなりすいません)で私の個人的な推測ですがAサイクル車からの改造と言われていますが私は前車を参考にして新たに製作したと考えています理由は幾つかありサンダー対ガイラの宣伝媒体を見るとAサイクル車が光線を出している写真やガイラ?が同車を持ちあげている写真が多くAサイクル車では物足りない?と言う事から急遽製作された(サンダバードメカの影響?)
改造されたと言う割にはウルトラマン第3話やギャンゴの会では両車が揃って走っており攻撃シーンではAサイクル車がギャンゴに蹴飛ばされ横転。
ギャンゴの回は66年の夏に行われており7/31公開のサンダー~の時期と合わせても改造されて無い事が分かります。
私の勝手な推測でした。

Re: あれれ

>星川航空整備部 さん

 あの当時はダイヤペットもそうでしたがトミカもが「マスコミトミカ」と称する同じ趣向の展開をやっていた時期がありましたね。

 例のマットカーの好調で展開したかもしれないですが10-4・10-10の様に通常品番のトミカだと電波特捜隊マークを貼るだけだったのが「マスコミ~」ではルーフに隊員の写真を追加するという「蛇足」としか言いようのない改悪を加えた代物まであって良い印象はありません(他は推して知るべしです)

 それに比べればダイヤペットのほうが人形をつけていたモデルがあった分ややましな気もします(笑)

 ガロガカーも懐かしいですね。こちらはモデル化されなかったのでしょうか。

 メーサー車の新造説、興味深く拝見しました。
 なるほど、時期から言って新製された可能性も高そうですね。或いは同型モデルをいちどきに多数製造しておいてその中のどれかを改造に回した可能性もありそうに思います。