KATOのチビロコ蒸気におもう

IMG_7714X.jpg

個人的には小さい機関車というのは好きなのですが、以前のポケットラインのSLは少しおもちゃくさい派手さが感じられて購入を躊躇させられるものがあったモデルでした。
 3年前のリニューアルでかなりカラーリングがシックな感じになった事もあって入線させました。
IMG_7716X.jpg

 機関車のほうは前にも書いたとおりアーノルドのT2タンク機関車に良く似た雰囲気です。客車もデッキ付きの二軸で昨年入線したアーノルドのそれに近い雰囲気ですがスケールの違いから混結ができないのが痛いです。

 又、動輪が黒いままというのは画竜点睛を欠く感じもします(ドイツ型の蒸気ですと車輪のクラックを発見しやすくするためにわざと赤く塗っているケースが多い)

 それにしてもこれだけT2に似てくるなら少しディテールアップさせて見たい感じもしますし、あるいは塗りかえで黒くしてみるのも面白いところですね。

IMG_7718X.jpg

 このモデル、いわゆる「ユーレイ」と呼ばれる、機関車が無動力で動力付き客車におされて走るものです。
 最初は機関車が「押されて走る」ように見えるのではと不安でしたが、実際にはそんな事はなく結構それっぽい走りを見せます。

 但しバック運転で動輪が止まってしまう事が時々見られました。SLだけにロッドが止まって尚走るというのは不自然ですが、このモデルでは結構笑って流せる気もします。

 レイアウトでの試走ですが、意外とよく風景に溶け込んでくれたのは嬉しい誤算でした。これならイベント列車としても十分に使えそうです。

 ですがこれを入線させた当時は例のT2の事はあまり意識していなかったのですが、やはり無意識に選ばせる何かがあったような感じもしてきました。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント