最近のNスケールフィギュア

DSCN5331.jpg
 今回はメインブログの補足みたいな内容です。
光山市交通局・こんなフィギュアが欲しい
 先日「高校生じゅう音楽部(笑)」のフィギュアを購入しましたが、最近は秋葉詣での折にNスケールフィギュアを買うことが多くなっています。

 ジオコレやジオタウン辺りなら田舎のショップでもそこそこのものは入手可能ですがアイコムやこばるなどの製品となるといつでもコンスタントに入手できるとは限らないのでこういう機会は貴重だったりします。

DSCN5088.jpg
 最近はごく普通の設定、ごく普通のポージングのものが増えてきてレイアウトやジオラマ作りで「月並みな設定に縛られない情景」が作りやすくなってきています。
 まあ、中には設定がはじけ切ったものも出ているのですが(笑)それにしたところでミニシーンの自由度が上がる意味では有難いと思います。
DSCN5087.jpg
 こういうのまで出ていたりして(笑)
 まあ、これの場合現代の学校よりもコスプレコーナー辺りの方が似合いそうですが。

 この手のアクセサリを見るたび「あ、このフィギュアを使えばあのシーンが再現できるな」とか「ここを改造すれば駅前のこれができるな」とか触発される事も多いですね。
 この感覚は車両モデルやストラクチャーの製品とはどこか違った楽しさだと思えます。

 しかしそれでもプライザー辺りの海外メーカーのそれに比べるとラインナップの充実度はまだまだです。

 彼の地ではレイアウトやジオラマが普及しているせいか、鉄道模型の世界でも「列車を走らせるならその社会背景となる風景も再現できなければならない」「そのためには鉄道関係以外の普通のキャラクターも多数なければならない」という考えが定着している表れではないかと思います。

 そう思うとこのジャンルもまだまだ発展途上という所かもしれません。
 ただ、アニメキャラのNスケールモデルだけは流石に日本のほうが先を行っている印象ですが(爆)



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント