「食パン電車」のはなし

DSCN1466.jpg

 今回は少し変り種の電車にまつわる思い出話から。

 マイクロの715系電車。余剰の583系をベースに普通車改造を施したものです。
 何年か前の一時期、電車で帰省するときなど新幹線の車窓からこの仕様の普通電車が留置されていたり走っているのを見たりするのを見るにつけ「寝台電車の花形が」と言う思いに囚われたものです。
 (当時は趣味の中断中でしたがそれでもあの異様なスタイルはいやでも目立ちました)
DSCN1468.jpg

 今回入線したのは九州仕様なので私の見た1000番台とは厳密にはカラーリングをはじめいくつか異なるのですが、それでも私の見た電車の特徴は捉えています。

 で、さっそくレイアウト上で運転してみたのですが、やはりその走り姿は異様の一語に尽きます。
DSCN1467.jpg

 「食パン」という渾名が付いているだけあって583系特有の異様に屋根が高いプロポーションなのに加え、中間車に無理やり運転台を追加している為まるで絶壁の如き切妻の前面スタイル。
 さらに窓配置は殆どそのままに一部だけ二段昇降窓をつけた不思議な側面デザイン。

 実車の走行ではそれほど感じなかったのですが、レイアウト上でモデルを走らせると「何かの間違いで583系の中間車だけが走っている」様にも見えます。
 特に真横から見るとその異様さが際立ちます。

 とは言うものの、このデザイン自体に一種の「異形の魅力」みたいなものが感じられるのも事実で、そうでなかったら入線などしない訳ですが(笑)



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

食パン

 これは撮りにも行ったし乗ったりもしました。
私も東日本車の方で区間は黒磯~福島の各停
運用で乗り鉄&撮影をしました。
96年7月某日だったかな。
まあ正直、食パン電車と言うよりは応急的な改造車
の印象が大でした。
食パン電車と言うと72系ロクサンですから(笑)
583も581から数えると誕生してから46年!
以前の旧国モハ52系、60系と並ぶ現役ぶりとは!
西日本では低運の103系が現役だし・・・これらも
旧国でしょうね(笑)

>星川航空整備部 さん

 72系(63系)もそういえば食パンでしたね(汗)

 72系が昔風の四角い食パンなのに対して715系はヤマザキダブルソフトを連想させます(笑)

 国鉄時代の電車は長寿モデルが本当に多いですね。耐久性や安全係数の取り方が今とはかなり違うのでしょう。ある意味今の車両設計もこの点を振り返っても良いのではという気もします。