「大陸横断超特急」を観る

 先日BSで掛かっていたのですが放映を知らずにクライマックスしか観られなかった鉄道アクション映画があります。
(尤もその前に地上波のロードショー番組で二度観ているのですが)
DSCV0002.jpg

 「大陸横断超特急」77年頃の作品です。
 この作品ロードショー公開の時は「機関車が駅舎の中に突っ込んでくる」という実にインパクトのあるポスターがあちこちに貼りだされておりまして当時中学生だった私もかなり衝撃を受けた記憶があります。

 ストーリーはこれまたコメディタッチのアクションドラマといった趣ですがストーリーについては割愛します。

 ここでも見どころはまず前半主人公が特急列車から何度も振り落とされては再度追いかけてとび乗る繰り返しの展開。
 これもアクションコメディの定番的な部分だったのですが今回の視聴ではその辺をごっそりと見逃しましたので(汗)一気にクライマックスへ飛びます。

 後半の画になるシーンは列車とパトカー、あるいは列車と狙撃ヘリ2機が絡む追跡劇です。
 今年の正月頃に取り上げた「キートンの大列車追跡」では列車同士の追跡劇という一線上の画面構成が主でしたが、本作では並走するパトカーと列車という組み合わせ、更に空からの攻撃と列車という立体的な画面構成でパノラマ感を強調しています。
 この構成は後の「西部警察」の地方ロケでもよく観られる画作りと思います。

 そしてクライマックスはシカゴ駅の構内に列車が突っ込む(ちなみに上野駅と同様の櫛形ホームの終端駅)シーン。
 直前に主人公が自分の乗った客車との連結をはずして脱出するアクション(これはカサンドラクロスと同様に「走る密室からの脱出劇」の定番)を挟んで、切り離された列車の前半部が車止めを突破。

 そのまま駅舎の壁を突き破りショッピングコーナーを突っ切り改札口のわきからコンコースに侵入!
 コンコースの柱をなぎ倒し中央部に展示してあったスポーツカーに接触してようやく止まります。

 これらの一連の流れを実物大の機関車(台車部が無い所から見て撮影用のハリボテの可能性が高いですが)を使って一気に見せるクライマックスはいつ見ても大迫力物です。

 このシーンですが車体のみとはいえ、実物大のセットを実物大の機関車が突入するという豪快なものでミニチュアでは表現し難い迫力がありました。この点でカサンドラクロスとはあらゆる意味で対極の爽快感があります(笑)
 実際に乗降客や駅員、警官などのエキストラとの絡みも多いですし。

 所でこれを観ていて個人的に印象に残った役者が主演のジーンワイルダーなどよりも敵の首領役で最後に大銃撃戦をやらかす「No6」パトリックマクグーハンだったりします。この辺りは私の偏った趣味性がばれますね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

私も

 良く観る(録画する)のを忘れて「しまった~」
と後悔する事多しです(笑)
最近鉄道映画に凝っていますね!
70年代はパニック映画作品が多く乗物が舞台と
なるとポセイドンアドベンチャー、エアポート75
そして前回のカサンドラクロスと今みたいにCG
では無く実物がこれでもかと出てきますが特撮
部分になるとミニチュアの出来が今一つで日本
の特撮の方が良いと実感します。
キングコング対ゴジラ、宇宙大戦争の151、161系
とか。
ところで70年代のパニック映画の大半は以外にも
サンダーバードにあった話がベースとなっていて
大陸横断超特急は「死のモノレール」、ポセイドン
は「地中海の怪電波」、エアポート75は「原子力
旅客機SOS」等、結構サンダーバードから来てい
るネタが多いです。
プリズナーNo6・・・ここはどこだ?村だ!
情報だ!情報を・・・とインパクトのある台詞です。
ところで前に紹介したアイアンサイド以外にも60
年代の米国TVシリーズには日本が出てくる話が
幾つかあり、奥様は魔女でも日本が出ており
サマンサが日本に行くシーンが有りますが、どう
観ても50年代の日本を舞台にした作品からの
流用フィルムらしく舗装していない道にボンネット
バスが走っているし、ナポレオンソロにも日本へ
行く話がありますが、こちらは日本に都合の悪い
描写があるのか日本で放送されていない感じで
日本語タイトルが無しでした。
両作品ともスタジオロケ中心で後は何かの映画
から流用したシーンの使いまわしです。
で一番笑えるのがスパイ大作戦のニモイ氏が
ナカムラタイゾウと言う歌舞伎役者に化けて
歌舞伎を披露しますが、どう見てもMrスポック
です(笑)
確か、この作品はコロナマーク2初代が出てきます。


>星川航空整備部さん

 最近鉄道関係のスペクタクルやパニック物を目にする機会が多いです(笑)先日故郷のレコード屋に行ったらサブウェイパニックやら暴走機関車やらのこの手の作品が随分と廉価版DVD になっているのを見てどうしようかと(汗)

>日本に都合の悪い 描写があるのか日本で放送されていない~
 「ミステリーゾーン」なんかもその手の欠番作品がいくつか存在するようですね。スタートレックのミスターカトーが日本兵役で出ている奴らしいのですがどんな話か一度見てみたい気がします。
(日本版のLDでは出ているそうですがDVD はどうか?)