デスクトップの全国甘いもの大会(笑)

前回の続きです。

 帰省から帰ってきて見ると職場では同じ様に帰省してきた同僚などからのお土産が並んでいました。
DSCN6218.jpg
DSCN6220.jpg
DSCN6219.jpg


 京都の京サブレ、千葉のピーナッツクッキー、鳥取の縁結びまんじゅう、新潟のさくらさく、山梨の桔梗信玄プリンまで机の上に乗っかっていました。
 今回の帰省では私自身も岩手の釜石ラスク、仙台の萩の月、青森の気になるリンゴを買ってきたので殆ど全国甘いもの大会の図です。


 前にも書きましたが、萩の月は帰省土産の定番です。カスタードクリームをふんわりした生地でくるんだ「●●の月」と言うお菓子は全国に広がっており旅行や出張の折にオリジナルより美味いものがあれば即注文する積りで試しているのですが未だにそういうのには会っていません。
DSCN6217.jpg
DSCN6223.jpg

 新潟のさくらさくはその種の中では変化球の部類でしょう。カスタードクリームを桜風味にした点が独特です。

 食べてみた印象では「桜餅の入った萩の月」と言った趣でオリジナルとは一線を画していました。


 信玄餅は先日故郷で見たテレビの土産物ベスト20だったかでも取り上げられていましたが信玄プリンはその姉妹品です。
 カラメルの代わりに黒蜜、プリン自体も黄粉風味で和風のプリンといった趣です。甘味度は萩の月に並び個人的には気に入った部類です。
 故郷へも持っていきましたが非常に好評でした。

 これなら自分用に買っても良いお菓子と思います(笑)


 しかしこれらのお菓子の群れがが机上に一斉に並ぶ様は実に壮観でした(笑)


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

食べ過ぎに注意

 連休後の楽しみと言えば、お土産~特にお菓子
ですね(笑)
私も大の甘党!なので食べ過ぎ注意です。
もう最近は海外旅行のお土産お菓子も定番化
しているのも現状ですが忘れてはならない日本の
味を楽しむ事が最近は徐々に薄れていく・・・
しかし甘い物には国境は有りません(笑)
光山市交通局さんが103系の事を書いたら書こ
うと思いましたが例によって先に書きます(笑)
先日話した60年代のアメリカTV番組に出る日本
ですが面白い動画がありました。
I SPY 1966~1968年製作。
この作品制作費を安くしたかった?関係で香港、
南米、日本、イタリアとかでロケしていてスペイン語
の動画で観る事ができます。
I SPY 1966で検索すると出ます。
日本が出る回は京都の冒険?と言うタイトルで
冒頭に東京モノレール300系(初期の青塗装)
そして有楽町の旧日劇ガードを走る0系と都電
6000系、そして山手線103系が出てきます。
何かのブログで読んだ記憶が有るのですか
ISPYの日本ロケは1965年頃に行われ浅草、
御徒町近辺でロケされ103系は御徒町駅に入線
するシーンが出てきます。
暑い夏場だったらしく全ての車両が窓全開で走って
います。
傑作なシーンは主演の二人が警官から逃げる
シーンで何と修学旅行の高校生一団に紛れて
高校生の格好で歩いているシーンはドリフの世界
です(笑)
一度ご覧あれ!

Re: 食べ過ぎに注意

>星川航空整備部さん

 コメントが遅くなりましてすみません。

 先ほどI SPYを拝見しました。
 刑事コロンボで見るからに胡散臭げな犯人役のイメージばかりだったロバートカルプが別人のようにカッコよかった(笑)のがまず印象的でした。

 次々ワープしまくる舞台とか、全車窓全開で走っている103系とか(季節感ありますね)日本映画でもめったに観ない「ベレルのタクシー」とか見どころも豊富ですね。
 ですが個人的には「怪獣王ゴジラ」の「ルシイル アンダソン」の法被に匹敵する「マイトユ フエア」の表札が一番インパクトありました。

 103系ネタはいずれ触れる積りで温めていますがその際はよろしくお願いします。