「交通の図鑑」にときめいた頃(笑)

DSCN6226.jpg

 物置から発掘した「小学館の学習図鑑」のひとつ「交通の図鑑」
 これを買ってもらったのは私が小学生になるかならないかのタイミングでしたが以来40年以上よくもまあ持っていたものです。
 表紙などはぼろぼろで見開きページのいくつかは欠落とコンディション自体はそれはひどいものですが落書きが意外に少なかったのは見っけ物です。

 今回からこの「交通の図鑑」で感じた事をいくつか。

 交通の図鑑という位ですから鉄道に限らず自動車、飛行機、船舶も取り上げられています。
 図鑑でよくある様にそれらの車両や機種の紹介があるのはもちろんですがどのジャンルにも共通しているのはそれらの交通機関の活躍をパノラマで紹介する俯瞰のページがある事です。
DSCN6231.jpg
DSCN6232.jpg

 飛行機のページで空港、船舶のページで港湾のパノラマがあるのは当然ですが自動車の活躍する街のパノラマなんてのもあったりして楽しめました。鉄道関係では駅のパノラマがありましたが他に比べるとパノラマ感が今一つです。

 これらを眺めていて思いますがレイアウトの考察で私が「魅力的な俯瞰」にこだわりだしたきっかけのひとつは間違いなくこれらのパノラマ画の影響が大きかった事を実感します。
 今回読み返すまでそんな事を意識した事はありませんでしたからその意味では今回の再読はなかなかの拾いものでした。
DSCN6227.jpg

 巻頭には「近未来の交通図」というのがあって「車輪の無いエアカー」が専用道路を走る後ろで「新幹線みたいな電車の上をロートダインが飛び交う」銀座らしき町の画が載っていてこれにも久しぶりにときめきました。
 この本の出た当時は「高層ビル」という概念がなかったらしく実に空が広々としています(笑)


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント