TLVのギャランΣ

DSCN8220.jpg

 ミニカーの話題が続きます。
 今月のTLVから。

 待ちに待ちかねた(わたし的に)三菱ギャラン∑の登場です。

 昭和50年代初め頃、ブルーバードもコロナも妙にぼってりしたプロポーションになり1・8リッタークラスのスポーティな感覚のセダンが壊滅状態だった時期。
 緊張感のあるエッジの効いたデザインのギャラン∑の登場は衝撃的でした。
DSCN8221.jpg

 「∑」というギリシア文字を使ったネーミングもかなり新鮮で「これまでのギャランとは違うぞ」という予感もひしひしと感じたものです。
 実際、この型の∑は歴代ギャランでも一二を争うヒット作だったそうで(タクシー仕様も多かったそうですが)かなりの数のオーナーカーを目にしました。
 これには上述したスポーティなイメージもかなりものを言ったと思います。
DSCN8223.jpg

 今回モデル化されたのは最上級車種の2000スーパーサルーンで高級感のある格子型グリルが特徴でしたが、個人的にはハニカムメッシュのグリルを纏ったGSR辺りが好きです。
 顔のイメージは今一つ実車の印象からずれを感じましたが、全体のプロポーションは良好で「∑らしさ」はそこそこ出ていると思います。

 丁度CSで放送中の「七人の刑事」の車両協力がマツダから三菱に切り替わっており、∑の白パトや黒パトがバンバン登場しているので個人的には今回のリリースはタイムリーと言いますか(笑)
 この他には「華麗なる刑事」なども∑のパトカーがレギュラーで登場していたはずです。
DSCN8222.jpg

 このデザインの好評に気を良くしてかその後1980(昭和55年)年に2代目∑では基本的なデザインは踏襲されましたが、この種の人気車の常で「二代目はサイズアップでぼってりして人気を下げる」という悪循環に入ってしまったのは皮肉でした。
 (シビックやFFファミリアなどもこの轍を踏みましたが)
 二代目∑は今だとCSで放映中の「ゴリラ・警視庁捜査第8班」で毎回ひっくり返るか爆発しているのでどんなクルマか見るのは比較的容易です(笑)



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

セカンドコメントです。

こんばんは。光山様。

Σが活躍していた作品となると、日本では、「ゴリラ」と「7人の刑事」の後半、80年代の大映刑事ドラマなどがその代表みたいですね(自分が見れたのは「ゴリラ」だけですが)。

国外作品となると、香港映画が一番に上がります。
80年代後半~90年代初期の香港映画では、初代Σの後期型のバン、及び、同じく2代目のセダンとバンがパトカーで多数登場しています。
よく見ると、車体の塗り分けやパトランプ(赤青だったり、青だけだったり)の仕様などが微妙に違っていたりするのがまた魅力であります。

長文、失礼いたしました。
それでは、今日はこのへんで。

>妄想大好き人間さん

 Σが最も人気があったのは初代の時期でしたから大体昭和51年~55年頃までの刑事ドラマの流行期とほぼ重なっています。
 当時の車格的にはブルーバードやコロナと同じクラスなので軽快感はある反面クラウンやセドリックの様なパトカーらしい重厚感に欠けるのがΣの弱みでした。
 そのくせ実車のパトカーでは結構普及した車種でしたから皮肉です。
 Σ自体は後にディアマンテの姉妹車の4ドアセダンとなりましたが終期には事実上パトカー専用モデルとなっていたそうです。

 こちらはセドリックもかくやと思わせる堂々としたスタイリングだったので非常にパトカーが似合うクルマだったのですが劇用車としての登場は殆ど無かった気がします
(劇用車のΣのパトカーで最後に覚えているのは平成4年の「はだかの刑事」ですがこちらに登場したのは3代目FFのΣでした)

三菱ギャランΣで活躍された劇用車

刑事ドラマで活躍された三菱ギャランΣです。噂の刑事トミーとマツの三菱車では、ギャランΣ(角目4灯の後期型)の捜査パトカー、ギャランΣエテルナの捜査パトカー、ギャランΣエステートバンの鑑識パトカー、あぶない刑事&あきれた刑事では、三菱ギャランΣ2000スーパーサルーンの劇用車がどんどん出て来ます。噂の刑事トミーとマツの80年の中期では、ギャランΣ1.8SLスーパー(ブラウンM)の4代目&エテルナΣ1.8SLスーパー(シルバーM)の2代目の覆面パトカーが2台で、秘密のデカチャン、噂の刑事トミーとマツ2、婦警さんは魔女の刑事ドラマの劇用車も大活躍。他には、石原プロ製作のゴリラ警視庁捜査第8班、代表取締役刑事の三菱ギャランΣのカーチェイス、カークラッシュ、破壊、横転、炎上、爆発等があります。今後、トミカリミテッドヴィンテージの1 64スケールの三菱ギャランΣ(角目4灯の後期型)、三菱ギャランΣ(4代目)&エテルナΣ(2代目)のミニカーを出して下さい、宜しくお願いします。

Re: 三菱ギャランΣで活躍された劇用車

> 加藤寛教さん

 確か七人の刑事の後半は車両協力がマツダから三菱に変わったらしく角目4灯の後期形Σの覆面がメインで出ていましたね。確か白パト仕様もあった筈ですが確認できません。