「赤い衝動(笑)」ED72-1号機

DSCN6686.jpg

 今回の入線車は完全な衝動的琴線買いといえるものです。

 ものはマイクロのED72-1号機。
 活躍の場が九州地区で私自身の生活圏にも関わりなければ実車を見た事すらありません。
 ところが店頭でこれを見ているうちに何か妙な気になりつい手を出してしまいました。
 一応新車ですが店頭でかなり長い事並んでいた様です。
DSCN6687.jpg

 帰宅して実際に線路に載せるまで一体何が私を引き寄せたのか自分でもよくわかりませんでした。
 ですが、線路上をするすると発進するこのロコを見ているうちに何か納得してきました。

 横から見るとかなりの角度でキャブ下が盛り上がっている前面(このフェイスは後にED73に引き継がれます)
 おでこの中央部には2連ひと組のヘッドライト。
 EF60によく似た窓とルーバーの配列、それでいて車体色は交流機特有の赤。
 ED75やEF70よりも長く、それでいてED76やEF71よりも軽快さを感じさせる体躯。
DSCN6684.jpg

 何の事はない、デザイン的に私の好きな要素の大半がこの一機に詰まっていたのです。
 つまり純粋にロコのデザインに惹かれて手を出してしまったという事の様です(「様です」というのも妙な言い方ですが)
DSCN6682.jpg

 これだけ好みのデザイン要素を備えていながらこれまでこのロコに気付かなかったのは不思議な気がしますが、ED72の中でも特異な形態をした試作機である事、上述の様に活躍の場が九州で実車を眼にする機会がなかったことが大いに関係していそうです。
 いわゆる「偉大なる凡庸」の対極にある機関車とも言えます(ED92とかC52とかもそうかもしれません)
 この調子だと他の試作機にもひょっとしたら私の知らない「好みのロコ」というのが存在しているのかもしれません。

 そう思うとわくわくもする反面、少し怖い気もします。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント