河合商会のB6蒸機のはなし

 今回も中古の拾いものから。
DSCN8674.jpg

 今年最後のつもりで立ち寄った近所の中古ショップにありました。
 今は無き河合商会のB6.
 
 2272仕様との事です。
 河合のB6は以前に2257仕様を入線させた事があり手すり等のディテールアップでHOZANのピンセットが大活躍した思い出(笑)のある機種でもあります。

 HOZANが大活躍、と書いている事で想像の付く向きのある方も多いと思いますがこのB6、ディテールアップパーツが豊富に付属している物の、きれいに取り付けるのは結構難儀な代物でして接着剤のはみ出しなしに仕上げているB6のユーザーを私は心底尊敬します(汗)
DSCN8677.jpg

 この2272もご多分にもれずところどころに接着剤のはみ出しが散見され店員さんも「汚いですが良いですか?」と訊き返してくる程でした。
 (これに限った事ではないですが鉄道模型の場合、量販リサイクルショップではこの手のディテールアップがされたモデルは出来不出来を問わず安くなる傾向があります)

 とはいえ前ユーザーの苦労の跡でもある訳ですし、私が同じ事をやって上手く仕上がる保証もない訳ですから(ゴム系接着剤のはみ出しは状況によっては糸ようじの軸で掻き取れる事が多い)これはこれで悪くはありません。
DSCN8678.jpg

 所で手持ちのB6を2両並べてみると河合が如何にこのモデルに力を入れているかが感じ取れます。
 細部のパーツで仕様違いを演出する位ならともかく、ボイラー上のドームの配置も違えてあります。
 この他にも3,4種のボディバリエーションに加えてブラスボディの高級仕様までラインナップされていました。

 元々は旧ナインスケールのKSKタイプCタンクを再発売する筈だったのが諸般の事情で新設計のB6になった、という話を聞いた事がありますが今でも明治期の蒸気機関車製品自体が少ない現状を思うと依然として貴重な存在とも言えます。
DSCN8679.jpg

 走行性ですが手持ちの2257といい勝負。スムーズではありませんががさつはがさつなりに悪くありません。
 ところで2257は140Rのミニカーブをクリアできなかったのですが今回の2272はやや危なっかしいながらもエンドレスを周回できました。
 製品の個体差なのか、前ユーザーが何かやったのか、今の所は謎です。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

河合商会

 河合商会のB6・・・たしか河合と言うと貨車とか
ジオラマ関係の方が有名な気がします。
実は私も当初は老舗カワイモデルの関連会社
と思っていました(笑)
今出ているアシェット「日本の貨物列車」にN
サイズの貨車が付いて居ますが河合商会が
シリーズ化していた貨車を思い出します。
そう言えば日本初のNゲージはsonyが開発した
物で仮に本格的に量産されて販売されていたら
今の鉄道模型界とりわけNゲージが、どう発展し
たか興味のある所です。
そして少し早いですが今年の書き込みは今回でと
言う事で(笑)
来年も宜しくお願いします。

>星川航空整備部さん

 河合商会と言うと昔から情景ジオラマ関連では有名でしたね。今回のB6ですが本来ならナインスケールのKSKタイプCタンクを出すはずが、諸般の事情で新設計のB6になったと聞いた事があります。
 同じナインスケール系ではCタイプディーゼルはそのままの格好で河合から再販されていますが、動力系はナインスケールの物とは異なります。 

 sonyのマイクロトレイン、私も実物を見た事はないのですが細密度では現在のモデルにかなり劣るもののコンセプトの先進性は未だに色褪せませんね。
 確かこのシリーズではリレーラーだけがKATOに引き継がれたと聞いた事があります。

 それはさておき、

 今年は色々と有意義なコメントを頂きありがとうございました。
 少し早いですが(笑)星川航空さんもよいお年を。