小さな機関車2題

DSCN8831.jpg
 今回は昨年の年越し運転の参加車たちから。
 故郷での運転でこちらから車両を持ち込む形になったのでどうしても小型機が中心のラインナップになります。
 まずはTOMIXのKSKタイプCタンク。

 私にとっては持っていない時には夢のような存在だったのにいざ入線すると次々に増えるという不思議な経緯を持つ機種です。
 今回ついに3両目が入線しました。
 しかも前回前々回と同様に「3桁価格」です。

 外見はこれまでの物とほぼ同じコンディションで2両目の様なロッドの欠落もなくごく普通のCタンクでした。
 走行性も過去の2両と大差なし。ミニカーブには弱いところも相変わらずです。
DSCN8844.jpg

 このCタンクと前後して入庫したのがミニトリックスの2軸ディーゼル機関車。
 日本流にいえば「産業用機関車」に分類されそうなやつです。

 このロコ、とにかく目がちかちかしそうなくらい「ど派手の原色系」
 フォルムはなかなか良いのですがリペイント必須です。どこにいても浮きまくるカラーリングですね。
DSCN8843.jpg

 走行性ですがレオスタットをいっぱいに回してもトロトロとしか走りません。
 この手の小型機でこういう走りをするときはたいていギアが劣化している事が多いので警戒していますが、この機種の場合、低速に回すとそれに見合う位のスロー走行が可能という意外なおまけがありました。
 実車の場合もスローでの使用が当たり前ですから、もしこれがこの製品の仕様ならばとても凄い事です。
 これまで入線させてきた小型機でこういう粘るようなスローのできるロコは絶無に近かったですから。

 ミニカーブも当然の様にクリアできました。

 この種の機関車は専用線や側線にあるだけで風景の活気を演出できる貴重な存在ですがやはり自走(それもスローが効く形で)できる方が有難いですね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント