いすゞベレットのパトロールカー

 今回は帰省の折に見つけたTLVから
DSCN8815.jpg

 いすゞのべレットパトロールカーです。
 ベレットとパトカーという組み合わせは私は実車を見た事がなくその意味では違和感があるのですが、見た感じでは60年代のパトカーと言った趣で悪くはありません。
 TLVではセダンと2ドアクーペの両方の車形がモデル化されていますがクーペがそこそこ軽快感を感じさせるのに対してセダンの方は幾分ぼってりしたフォルムで良くも悪くも田舎くささを感じさせます。
DSCN8817.jpg

 パトカーになってもその印象はあまり変わりません。

 とはいえ、これはこれで好ましい気もして手を出してしまいました。
DSCN8816.jpg

 64分の1のスケールですので先日入庫したプレジデント辺りと並べるとコンパクトさが際立ちます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あ!やはり持っていましたか(笑)
私も、これが出た時は本当にパトカーで使用され
たのかな?と思いました。
似た様な車だと68年に起きた3億円事件で写真
や映像に出てくるブルーバード410パトとか。
ベレットと言うとウルトラセブンの恐竜戦車の回
で実物と模型が出てきますが模型の方は当時
出ていたプラモデルかと推測しています。
この頃、セドリック130の特別機動捜査隊仕様の
キット出ていましたからね!
10年ほど前にビートたけし主演の3億円事件を
扱ったドラマがありましたが現金輸送車に初代
セドリック30系(セドリックスペシャル)が出て来
て、これだけでも見応えがありました(笑)
最近だとクロコーチにも似た様な回想シーンが
ありましたが今一つでした。

>星川航空整備部さん

 コメントありがとうございます。返事が遅くなってすみません(汗)

 言われてみればベレットと言えば「700キロを突っ走れ!」ですね。
 ミニチュアですがホバーを効かせて軟着陸するシーンが印象的でした(でもあれは他の使い道が思いつかないですね。何のためにラリーカーにそんなものが付いていたのやら) 

 大久保清事件のドラマではファミリアだった筈なのがセリカになっていたり義展ちゃん事件のドラマに登場するパトカーが69年式のクラウンだったり(事件は63年)と他の事件では車種選択が結構いい加減でしたが3億円事件のドラマでは大概30セドリックが登場しますがやはりそれだけ車種の印象が強かったという事なのでしょうね。