チェリカのマークⅡをパトカー化する(大汗)

DSCN8809.jpg
DSCN9207.jpg

 先日大騒ぎしてブログにまで載せてしまったBSパラボラですが結局コンバーター部への大雪に伴う浸水が原因でダメになった事が判明、それまでのセンターフィードタイプから普通のパラボラに交換されました。

 それはよかったのですが今度は110℃CSの特定のチャンネルで受信障害が頻発。
 調べてみると近くにあったDECT式コードレス電話の1.9GHZ帯の電波が干渉していた為と判明しました。
 それまでのアンテナが指向性の強いセンターフィードだった為かこれまではあまり気にするほどではなかったのですが。

 ともあれテレビ視聴中は電話はご法度という凄い状態です。

 それはさておき、

 大雪の雪かきやら何やらでこの2週間はずいぶんと体力を使っています。
 こんな折には疲れ果ててしまい何かしようと言う気力もそんなに残っていません。
DSCN9205.jpg

 そんな折にこんなことを思いつく事自体、無茶だったのに気づくべきでした。

 以前紹介したチェリカのマークⅡGSSのサイレンカーをパトカー仕様のツートンに塗り替えるという真似をやらかしたりします。
 マスキングテープとアクリル塗料で下半分を黒に塗るだけの事な筈なのですが、雪かきで腕力を使った後だけに手が震える!(大汗)
DSCN9204.jpg

 塗り分け線の微妙な所で曲がりや震えがもろに出てしまいました。
 特にフロントグリルの辺りは本来別パーツな筈のグリル上部まで黒がはみ出す始末。
 お陰でフロントビューは妙にぼてっとした印象になってしまいました。
DSCN9206.jpg

 見た目はどうにかパトカーになったというレベルです。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お疲れ様です

 そうでしたか。
専門外?の事なので私も詳しく言えませんが
アンテナと電波の関係とりわけ水に弱い!
これは機械にとって共通事項ですね。
私も以前に東京MXTVの映りが悪くなり問い合わ
せたらMXの電波が弱いと言う事で色々な状況
に左右される事を知りました。
例えばゲリラ豪雨とか台風、少し離れた場所に
立った建物とか。
さて謎の円盤UFOそしてキャプテンスカーレット
の第一話ナレーションとブルー大尉の声を担当
してエド・ビショップ氏が出た、おバカSF映画を
発見しました。
当然、未公開作品でコレがタイトルです。
Battle Beneath The Earth [1967]
内容は電撃フリント+8時だよ全員集合(笑)+
少しジョー90的な感じで正直007の亜流でしょう。
007と言えばエド氏は2度死ぬのハワイ管制官と
ダイヤモンドは永遠にチョイ役で出た月ロケット?
研究員ですね。
その昔、スターログで年末年始にTV放送する
SF作品と書いておきながら007や燃えろドラゴン
とかSFとは遠い感がする作品を紹介していまし
たが出演者がカルトだったんですね。
エド氏やジョン・サクソン氏、リチャード・ジャッケル
氏・・・宇宙から来た吸血鬼やグリ~ンスライム、
イタリア製のB級宇宙侵略モノとか(笑)
あ、ブルース・リー氏もグリーンホーネットのカトウ
助手(笑)でしたね。

Re: お疲れ様です

>星川航空整備部さん

 地デジの場合アナログよりも電波がかなり弱いので障害の影響も大きいのではないかと思います。
 現に私の自宅は地元局の送信塔を直接見る事の出来るロケーションなのですがそれでも地デジの室内アンテナは室内では殆ど電波を拾ってくれません。ベランダにテレビを出してようやくフルセグ視聴ができると言うくらいですから(涙)

 通りで地デジの室内アンテナを電気屋で見ないわけです。

 とりわけMXやTVKなどは基本的に県域局ですから出力自体がキー局より弱い可能性も高いと思います。

>電撃フリント+8時だよ全員集合(笑)+ 少しジョー90的~
 まさに60年代末のスパイ映画ブームの仇花みたいな作品ですね。

 私の元同僚にこういうのが好きな人が居まして「電撃フリント」はもとより「黄金の七人」マットヘルムの「サイレンサー●●部隊」なんかをこよなく愛されておりました。

 おかげで故郷のロードショー枠なんかでそれらが掛かるたびに代録させられたという思い出が(笑)
 実際、田舎民放では90年代終わりころまでは土曜の深夜なんかでちょくちょくそういうのが掛かっていました。