エンドウの9600


SD-2010-05A 005
 今月の中古車。恐らく今年一番の目玉アイテムではないかと。

 エンドウの9600。16番でも持っていない(笑)「ブラス蒸気」の第一号だったりします。

 96はこれまでTOMIX・マイクロ・KATOと入線していますがどれもこれも面白いモデルばかりでDE10並みに「何両いても邪魔にならない」ロコの代表格になりつつあります(しかも個々の差異はDE10やED75以上)

 そのエンドウ96ですが最大の特徴は「量産車初のオールブラスボディ」である事と「96唯一のテンダードライブ」である事でしょう(「エンドウ唯一のN蒸気」と言うのも加えれば3つになります)
SD-2010-05A 004

 ボディの細密度自体は後発のマイクロやKATOはもとより余り好評価をもらう事の少ないTOMIXよりも劣りますが、金属パーツ特有の肉厚の少ないパーツの組み合わせもあって印象としてはなかなかいい感じがします。
 かねてKATOの96の精密さに感心しながらもどことなく冷やかさを感じてしまっていた私としては、96の様な朴訥な機種にはこれ位が丁度良いのではないかとすら思えます。

 動力はテンダー内蔵。手に取ると他製品に比べると妙にずっしり感のあるテンダー(笑)は異様ですが走りっぷりは良い方だと感じます。
 そのテンダーに押される形のロコですがもっと軽々しい感じを想像していたのとは異なり案外スムーズな走りでした。
 ロッドのアクションも中々でしたが、聞く所では押されて走る独特の運転法(つまり動輪自体が駆動しない)の為ちょっとしたずれでロッドー動輪が固着や停止を伴いやすいとの事で注意を要する様です。

 この間マイクロのゼブラ96(考えてみればこれも結構な曲者ではあります。外見の話ですが)も入ったばかりなので時ならぬ96ブームが当レイアウトに現出している様です。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント