トミカに見るそいなみ車シリーズ・初代FFファミリア

 トミカで振り返るそいなみ車シリーズ今回は80年初めに大ヒットした初代FFファミリアを。

 以前「特命刑事」でFFファミリアを紹介した時は見つけられずに二代目でお茶を濁したのですが、最近初代FFを再発掘に成功したので改めて取り上げる次第です。
DSCN8960.jpg

 それまで「FFのハッチバック」で成功したクルマというとホンダのシビックがありそれに追随する形で70年代の終わり頃には日産がパルサー、三菱がミラージュ、更にはトヨタが初代のコルサ&ターセル(これがまた驚くほど不格好なクルマでした。室内の広さは群を抜いていたのですが…これについては後述)なんてのまで投入していました。

 その中にあってマツダだけはファミリアをハッチバック化した物の中身はFRのままの上に顔が安っぽいコスモみたいだったせいか上記のクルマの中で一番ぱっとしない状態でした。
 もっとも、その第一次FFHBブームもシビックの二代目が思ったほど当たらなかった事もあって70年代の終わり頃は一時ブームは沈静化し始めていました。

 そのファミリアですが80年の初めに遂にFFにチェンジします。
 これがエッジの利いた直線的なデザインと開放感あふれるグラスエリアの大きさ、初FFとは思えないほどのシャープなハンドリングとエンジンで先代からすると信じられないほどにカッコ良い上に中身も充実したハッチバックとなって生まれ変わりました。
 (ごく小さな事ですが乗用車タイプで初めてフルフラットシートを標準装備したクルマでもあります)

 ネーミングこそイタリア語で「家族」を意味するファミリアでしたがこのFFモデルに関してはサーファー族を中心とする若者に圧倒的な支持を受けてシビック以来最大のヒット作となりRX-7、ルーチェレガートの連続ヒットで意気上がるマツダの勢いを決定的にしました。
 (それでいてCFのイメージキャラクターがサーファーのイメージから14万8,000光年ほど離れている「北大路欣也」だったのですが)

 前述の「大激闘」が「特命刑事」に仕切り直されてからマッドポリスのクルマにこのFFファミリアが追加されましたがこれも実車人気にあやかろうという意図が強く感じられます。
DSCN8961.jpg

 このファミリアの人気たるや凄まじいものでしたがそれを端的に象徴するのがトヨタの動きです。
 上で「驚くほど不格好」と書いたコルサとターセルですがその後80年代初頭のフルモデルチェンジでカローラⅡを追加して仕切り直されました。

 その三車ですがこれでもかという位に「ファミリアそっくり!」
 同時期に当のファミリア自体がMCでバンパー周りを変えたためにそっくり度が更に加速するというおまけまでつきました。

 (以後トヨタはパジェロが当たればプラドを、ストリームが当たればウィッシュを、という様に「ライバル車そっくり戦法」を多用する事になります。成功しなかったのはどうやってもレガシィに勝てなかったカルディナ位でしょうか)

 同時期にはホンダのシティもヒットしていましたがファミリアの場合本来の想定ユーザーだった家族持ちにも好んで買われていた為街角占有率は非常に高い物がありました。
 それほどの勢いだったファミリアでしたが85年のモデルチェンジで大人しいデザインになった事、そしてファミリアよりも斬新なデザインのワンダーシビックの登場で急速に影を薄くしてゆきます。
 90年代の初め頃には初代FFは殆ど見なくなっていたと思います。最もファミリーカーとしてのニーズは依然ありましたから2代目、3代目のFFファミリアはそこそこ見かけたのですが。
DSCN8958.jpg

 トミカのFFファミリアは当時人気の「真っ赤な3ドアHB」同時期のダイヤペットが同じFFファミリアでも「青い5ドア」のモデル化だった事を思うと正に企画の勝利といえます。
 フォルムはなかなかFFファミリアの印象を捉えていると思いますが顔が今ひとつファミリアっぽくないのが残念でした。
 というのもあのファミリアは「ブラックアウトのグリル」の精悍さが肝だったのにトミカはライトと一体化していた為にグリルもメッキ仕上げにせざるを得なかった所に起因している気がします。

 写真の個体は当時の私がグリル部に色刺しした奴で実際のトミカのグリル部は銀色メッキです。
 因みにバンパーも黒く塗っていますがあの当時は黒いバンパーがカッコいいとされていました。今のようにカラードバンパー当たり前、黒は下級グレードとされている現状からすれば隔世の感です。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント