思い出の昭和ヒーロー列伝から「がんばれ‼ロボコン」

 昭和ヒーロー列伝ネタその9(放映順では12回)
 今回は「がんばれ!ロボコン」をば。
DSCN9930-1.jpg

 本作はおそらくウルトラQ以降の特撮を使ったドラマでは最も長寿だったのではないかと思います。
 恐らくは皮肉な事にヒーロー物よりもホームドラマやコメディの文法で作られていた事が長寿の秘密だったのではないかと思います(同じような文法で作られていた特撮ものとしては「コメットさん」がありましたがこちらも特撮物としては長寿番組でした)
DSCN9931-1.jpg

 原作者の石ノ森章太郎氏ですら「丸まっち過ぎてまるでマンガ」と表現したロボコンですが、原作がブラックユーモアの入ったスラップスティックコメディとして描かれていたのに対して本作はあくまで「ロボットが出てくるホームドラマ」として作られ、その過程で人間とロボットの共存する世界での心的な交流を描くという意味でかの「キカイダー」の後日談に近い性格も持っていたのではないかという気もしています。
DSCN9932-1.jpg

 ただ、漫画版がブラックユーモアの入ったスラップスティックコメディとして描かれており、当時の私はそっちの方が好きだったのでテレビ版の受けは正直良くはなかったです(笑)同じような意味ではサザエさんやドラえもんもそうだったのですが。
 とはいえ、ヒーロー列伝を再見してみるとダメロボットのロボコンが何事も一生懸命、ひたむきに頑張る姿はあの当時ですら「醒めたヒーロー」「正義感と明朗さだけのヒーロー」物が多かった中で自分も同じようなダメ人間なのかもしれないと思いかけていた子供たちに大いに共感を呼んだことは間違いないと思います。
 人間がやると嘘くさく見えてしまう所も「丸まっちすぎる」ロボットが演じるとごく自然に表現できる事もそうした点に寄与していますし、ロボコンをはじめとしたロボットたちのデザインとそれを見事に造形した美術のセンスの高さもそれを支えたと思います。

 ヒーロー列伝では「おいらロボコン・ロボットだい」「グッドバイン!ロボット全員独立だ」「メデタリヤ!ロボコン村は花盛り」の3本が取り上げられました。
DSCN9933-1.jpg
 とっかえひっかえ怪人が登場するヒーローものとは異なりレギュラーのロボットたちが毎回大量に勢ぞろいする展開は今思うとかなり異色でした。ヒーローものでこれに近いシチュエーションというとずっと後の「超人機メタルダー」のネロス軍団くらいでしょうか。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ロボコンは、後で燃えろロボコンとしてリメイクされましたね。がんばれも燃えろもどちらもいい番組ですし、燃えろロボコンはリメイク作として成功だと思います。原作版は知らないんですよ、どんな内容だったのやら。

Re: タイトルなし

> 光になれ さん

遅くなりましたがコメントありがとうございます。

漫画版のロボコンの設定はテレビとほぼ同じなのですが、出て来る家族は「見栄っ張りで性格の悪い一家」に設定されていまして、拾い物だったロボコンがどんなに失敗しても「ご近所や周囲への見栄があって捨てられない」所を笑いの肝に置いていました。
 (この世界では「自家用ロボット」はマイカー以上のステイタスシンボル)

 その他ロビンちゃんは無口で酔っぱらうと周囲の物を破壊しまくったり、テレビにも登場する泥棒ロボットのロボドロは原作では「ド・ロボ」と言う身もふたもないネーミングだったりします(笑)

No title

コミカライズで思い出しましたが、仮面ライダーゼクロスの漫画版も復刊してほしいと思います。最近ライダーの映画にも出てまた注目されてる様なので、なおリメイク版の仮面ライダーSPIRITSは私には無理でした。あまりに話が辛気臭くて暗いので、雑誌が休刊になったと同時に読むのをやめました。あくまでテレビ版のライダーが好きなので石ノ森漫画を意識した展開は肌に合わなかったんですよ。ロボコンを褒めたのは本当によく分かっている人間が造ったからです。SPIRITSが好きならすみません、関係のない話をして申し訳ありませんでした。

Re: No title

> 光になれ さん

 ゼクロスは本放送がキー局では「正月の午前中」だったので田舎の民放では殆ど放映されず、10年以上経ってCS時代になってからようやく観る事ができたという恨みの作品だったりします(笑)
 それだけにこの間の映画にまで登場したのは驚きでしたね。

 元々が雑誌展開のヒーローだったのでコミカライズも漫画家にとっては膨らませ甲斐のある題材だったのではないでしょうか。

 ライダーの漫画は石森版の原作よりもすがやみつる辺りが描いていた「冒険王」のバージョンの印象が強いです。
 テレビでも登場しない必殺技「逆タイフーン」の描写は後のゲームセンターあらしのルーツと思っていますが(笑)

No title

では、仮面ライダーSPIRITSは読んでないんですね、打ち切りになったので知らなくて当たり前ですが。ゼクロスの場合、テレビマガジン版テレビランド版、冒険王版のコミカライズが有名ですね。特番が放送したのはその後だとか。

Re: No title

>光になれさん

前のコメントで書き忘れていました(汗)
仰る通りSPIRITSは未読です。

ZXは雑誌を見る限りは本当にそういう番組があるかのような錯覚(確かレコードも出ていましたか)を覚えさせる感じがしましたね。
テレビの方も最初の印象が「すでに放送されたシリーズの総集編」でしたし。

No title

言い忘れましたが、SPIRITSは読まない事をお勧めします。昭和ライダーを知らない層からは、ライダーを私物化するなと酷評され昭和ライダーを知っている層はライダーを汚すなと言う声が出た程です。この漫画を読んで喜んでるのは、犯罪者の巣窟と悪名高い2ちゃんねらーだけです。まともな特オタは、すでに見放してます、だから打ち切られたのです。ネット始めた頃こう言われました、この漫画読んで喜んでると2ちゃんねらーと同類になるぞと。お前は駄目人間になるなよと厳しい言葉ですがそれは事実でした。だから私も見放しました。