エンドウのB20タンク機関車から

 先日は宮沢模型製のHOのBタンクのはなしでしたが今回はもう少しスケールなモデルから
DSCN2576.jpg
 ものはエンドウの16番のB20蒸気機関車。
 これまた3年くらい前に入手した中古機です。
 80年頃のエンドウのカタログのラインナップによれば当時はこのB20が唯一のエンドウの蒸気だったようです。

 B20と言えばNゲージでは殆どお目に掛かれない、ましてや自走できる奴ときたら無闇な値段と工作力を要求される高嶺の花なのですが、HOだと殆どエントリー機並みの値段と造形(笑)です。
 車体はダイカストらしく重量感はあるのですが細部の造形は同時期のトミカと同じかそれより劣ると言った感じです。

 とはいうものの走らせてみればそれほど悪い印象はありません。
DSCN2575.jpg

 一応スケール機ですし、スローも同サイズのNよりは効きます。

 ただ、カプラーが今や懐かしいベーカー型だったのでKATOなんかの貨車との連結が出来ないので帰宅後に手持ちのマグネマティックカプラーに交換しました。
DSCN2578.jpg
 元が入替用の機関車なのでワム80000辺りを2,3両牽かせてもあまり不自然には感じません。
 それでいて背がワムハチよりもずっと低めなところは小型機らしい美点でしょう。

 ボディがダイカスト製でずっしりしているのは良いのですが後付けパーツでディテールアップさせる事はあまり考慮されていないようです。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント