フォードコルセアのミニカーから

 前回まで実家の田舎の物置で見つけた懐かしいアイテムをいくつか紹介しましたが、その中で実際に私が持ち帰ったのは一つだけでした。
 今回はそのミニカーのはなしから
DSCN0861.jpg

 マッチボックスのフォードコルセア。
DSCN0862.jpg

 ほとんど崩壊寸前のコンディションの上に右のAピラーが欠落、フロントガラスも右半分がなしという状態です。
 なのになぜこれを持ち帰ったかというとひとつには純粋なノスタルジーから。
 もう一つは数年前に観たドラマの影響があります。
DSCN0857.jpg

 思えば昭和40年代の初め頃はフォードタウナスとかオペルレコルト、ルノーカラベルなどドラマの世界を中心に露出度が高い「ガイシャ」というものがいくつかありました。
 このコルセアもそのひとつで当時の私には車名こそわかりませんでしたが「ガイシャっぽいセダン」の一つとして印象を残しています。

 その懐かしさも理由のひとつにはありましたがもうひとつ。

 数年前にCSのファミリー劇場で放映された今井健二主演の「第七の男」という昭和39年頃のアクションドラマで主役が乗り回す車がこの型のコルセアでした。
 これも決め手となったわけです(笑)
DSCN0860.jpg

 状態はご覧の通りですが、細部の造形はマッチボックスらしい繊細さが感じられます。
 50年近く経ていてもこの造形は魅力的です。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント