鉄道博物館風モジュール・追い込みという名の悪あがき(汗)

1320254457.jpg

先日紹介したぺデストリアンデッキ風二階部分は手前の方で本線を跨ぐ陸橋と接続しています。
 想定上はベースの手前部分にエントランスがあると言う事にしてエントランス部の工作を省略しようと言う姑息な手段(笑)です。手前のビルはみやげ物や兼団体客用バスのターミナルと言う想定です。
 見ての通り建物本体はTOMIXの総合ビルの一回部分を二つ重ねたもの。陸橋部分も同じTOMIXの高架駅プレートを流用しています。

1320254488.jpg


 今回は製作期間が極端に短い事もあって作りの雑さが際立ってしまっています。
 たとえば線路の間はバラストの乾燥時間が稼げなかった関係でKATOのシーナリィペーパーを切って使用。
 同じものを本館内の空き地埋めにも使ってしまいました。

 そして雑の最たるものが線路を囲む区分線。
 手軽かつ多少の曲線にも追従してくれる素材と言う事でマスキングテープを5ミリ幅に切ったものを使いましたがテープを性正確に一定の幅に切り出すのがこんなに大変なものだったとは(汗)
 2本のテープのつなぎ目でのずれ、ターンテーブル部の円形部などでのしわなどが目立ってしまいどう見てもマスキングテープ以外のものに見えないという残念さです。
1320341755.jpg

ここまでの段階では博物館なんだか高架駅なんだか分りませんので看板を追加しました。
 施設の名称ですが「鉄道博物館」とか「リニア・鉄道館」ですとオリジナルにおこがましいですし(大汗)多少は独自性のあるネーミングに拘りたい所でもありましたので他で使っていない名称を物色し「光山鉄道社会館」としました。
 本当はこのネーミングでもおこがましいですが(恥)
1320341785.jpg

 ポスター・装飾イラスト類のイラスト看板を追加してどうにか「これは高架駅ではない」と言う位の主張はした積りです。この手のイラスト看板は最近結構目にしますし。

 売店・休憩室・エレベータ類はKATOの近代型ホーム用の別売りパーツを使用。これはホーム以外の施設にも応用可能な点で結構有難いアイテムと思います(これは以前に竹取坂の3代目駅舎の新築で余剰となった旧駅舎から引っ張り込みました)

 展示車両周囲にはベンチを追加。ファーラーのキットですが今回はこれくらいがこのセクションの為に新規購入したアイテムです。
 ですがたかがベンチと侮っていたらこれが大間違いで板に脚を付けるだけの単純な構造なのにパーツがやたらに細かく往生しました。20脚作るのが精一杯です。
 この他、展示車両の説明パネルや管内表示パネルも欲しかった所ですが今回はタイムアウトになりそうです。
 
 何よりもっと肝心な物がまだ付いていませんし

 ベンチやテーブルは他でも結構使うパーツなので安価な量産完成品を期待したい所ですね(汗)

 観客のフィギュアもありませんので当日は「プレオープン状態」の再現にとどまりそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント