今月のトミカから「頭文字D」の86トレノ

 先日近所のスーパーのトミカ・プラレール博に出かけて購入した一品から
DSCN0915.jpg

 頭文字Dの86トレノ。
 このモデルは過去にも何度か出ていましたが今回のはリニューアル品の様です。
DSCN0914.jpg

 このモデルの肝は何と言っても「リトラクタブルライトが上がった状態」のフロントの造形でしょう。
 トレノに限らず従来のトミカではライト収納状態でのモデル化が当たり前だったのでこれだけでもかなり新鮮です。

 全体の造形もこれまでとは微妙に違っている気もするので新規金型による新作かもしれません。
 考えてみれば原作でもほとんどのシーンが(夜間ですから当たり前と言えばそうですが)ライトを上げた状態でしたから理にかなったモデリングではあります(笑)

 一般にリトラクタブル車のライトが上がった状態というのは不思議と間抜けに見える事が多いのですが頭文字D効果なのかトレノに関してはライトが上がっていてもそこそこ様になっている気がします。
 個人的な意見ですがRX-7とか初代アルシオーネなど流線型がきつくてボンネットラインが低いクルマよりも初代パルサーEXAや3代目アコードみたいに適度にボンネットが高いクルマの方がライトを上げた状態が精悍に見える気がします。
(もっとも「リトラクタブルライト自体無くても空力に影響しそうにない」車という事でもありますが)
DSCN0913.jpg

 今回のモデルはイベント販売用にボンネットを黒塗りにした仕様らしいですがこれも結構精悍です。
 欲を言えばボンネットだけ艶を消すとよりそれらしかった気もしますが。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント