映像の0系新幹線から・「ネオトキオ発地獄行き」

 大分前にレイアウト趣味に見る特撮映画の項で0系新幹線のネタを取り上げた事があります。
 その折にアニメで0系新幹線が活躍する話を取り上げるとか書いておきながらこれまで書く機会を逸してきておりました。
DSCN5222.jpg

 今は新幹線開業50周年ですし、この機会に便乗させてもらおうかと(笑)

 物は30年位前のタツノコプロのTV作品「未来警察ウラシマン」の一編「ネオトキオ発地獄行き」

 数十年後の未来の東京にタイムスリップした記憶喪失の主人公が警察に入り犯罪組織と戦いつつ自分の過去をさぐって行くという話を縦軸に展開します。
 当時のアニメらしくデカダンな雰囲気漂う二枚目悪役とか無暗にきゃぴきゃぴした(死語)ヒロインとかが絡み80年代の勢いを感じさせる作品としても記憶に残る物で未見の向きにはぜひお勧めしたいシリーズではあります。

 さて、今回の話ですがネオトキオと改名した未来の東京では0系新幹線は超高速鉄道や飛行機に押されてオンボロ扱い(それでも実際の0系引退より30年は長生きしていますが)
 その0系引退、新幹線廃止を知った主人公が過去の記憶に惹かれ最終列車に乗り込む所からスタートします。
 (実際と異なり引退運転でも見送りもイベントもなし。乗客は主人公ただ一人w)
DSCN5223.jpg

 ところが列車の走る先では犯罪組織が線路を破壊して地中に埋まっている謎の隕石の採掘中。
 列車の運行を知った犯罪組織はあの手この手で運行を妨害し列車を採掘現場に近づけまいと攻撃を仕掛けて来ます。
 一方の新幹線では何としても0系に最後の華を飾らせてやりたい最終列車の運転士が運転を強行。

DSCN5224_201410012237172c2.jpg

 更にその戦闘のはずみで新幹線のブレーキ制御が故障。自力で停車できなくなった新幹線が採掘現場へまっしぐらに進行するというサスペンス。
DSCN5227_201410012239197b9.jpg
DSCN5226.jpg

 かくて「新幹線大爆破」にドイルの「臨時急行列車の消失」、更には映画の「大陸横断超特急」をブレンドしたようなテレビアニメ史上空前絶後の「0系新幹線主役のトレインチェイス」が出現するというストーリーです。
 もちろん、設定や演出上の考証は非常に穴だらけなのですが、それを補うだけの妙な勢いが感じられ、私個人は非常に気に入っている一編です。

 敵の戦闘ヘリと絡みながら疾走する新幹線の作画もシーンによっては非常にしっかりしており恐らく当時としては0系新幹線が一番まともに描写されたアニメではないでしょうか。
DSCN5229_20141001223722c78.jpg

 クライマックスでは破壊によって持ち上げられた線路の上を0系が駆け上がり線路の切断部分で先頭車が引っ掛かってようやく停止するシークエンス。

 70年代ハリウッドの能天気なアクション映画を髣髴とさせる一篇ではありました。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ウラシマン懐かしいですね、当時を思い出しますよ。なお電車繋がりでは、勇者特急マイトガインが好きでした。

>光になれさん

 マイトガインは私も好きでした。

 あれは快傑ズバットとは別の意味で昭和30年代日活アクション映画リスペクトした作品でしたね。
 当時の映画を2,3本観てから再見すると更に楽しめる「一粒で二度美味しい」傑作と思います(笑)

90年代アニメで新幹線なら「ヒカリアン」ですね

どうもです。

「ウラシマン」は確か、うちの母が昔見ていたといっていました。0系新幹線が出てくるとは意外や意外。
忘れ去られて主人公以外見向きもしないさびれた存在になっている設定はちょっとあんまりな気もしますが・・・。

新幹線が主役のアニメとしてはタイトルにあるとおり、「ヒカリアン」を挙げたいです。
ただ、ヒカリアンの0系は「こだ爺」といって、「引退して寝てばっかりいるジイ様」という設定なんですがね・・・(主役は300系のぞみ、後に500系が主人公に昇格)。

光山様の記事でヒカリアンの紹介文も見てみたいです。

乱文失礼いたしました。

>妄想大好き人間さん

 コメントありがとうございます。

 ヒカリアンは放送開始当初は見ていましたが如何せんあの当時は時間帯が平日の朝だったのでなかなかのめり込むところまで行けませんでした。

 何より当時は鉄道関係の趣味の中断期間のど真ん中だったという大きなハンデが(汗)

 ですがそれまで0系か200系しなかった新幹線のバリエーションが増え始めた時期の作品だけに印象は強いですね。

そういえばてれびくんでシンカリオンって言うロボット漫画始まりましたね、子供さんにとっては初めて読むロボット物でしょう。作者の河本けもんもとい河本ひろしは昔ボンボンでゴジラの漫画書いてたのでこういうコミカライズはお手の物でしょう。

>光になれさん

 シンカリオン、画像を見た感じではかなりスマートな体形で良く出来たデザインですね。
 かつてTOMIXと勇者シリーズを手掛けたタカラトミーならではの企画と思います(笑)

 これもいつか映像化されるのでしょうか。