懐かしの「なぜなに自動車のひみつ」

 今回は懐かし本のはなしから。

DSCN0457.jpg

 実家の押し入れから40年ぶり位に発掘した一冊です。
 小学館の「なぜなに自動車のひみつ」

 このシリーズは一見学習百科の体裁をしているものの題材と挿絵のアシッドさで強烈な印象を読者に植え付けるシリーズとして定評があります。
 当時の私の母校の図書館にもひと揃いあったと記憶していますが中にはとんでもないトラウマ本とかあったりして今でも読むのが怖いものもあったりする罪作りなシリーズでした。

 今回紹介する「自動車のひみつ」はまだ大人しい方でしょう。
 幼少時から自動車好きだった私のこと、確かこれも以前紹介の「スピードくらべ」同様にクリスマスプレゼントか何かで買ってもらった記憶があります。
DSCN0458.jpg

 表紙裏の日本の自動車がまず懐かしい。
 セドリックは230、クラウンはMS60なので昭和46・7年頃のラインナップです。
 有名どころはもちろんですがミニカ77とかコンソルテべルリーナなどTLVにもなりそうにない様なマイナー車もきっちり掲載されているのが今となっては嬉しいポイントです。
DSCN0459.jpg
DSCN0463.jpg
DSCN0464.jpg

 働く車の挿絵なんかも当代随一の絵師を総動員したという感じで非常に見ごたえがあります。
 MS50のパトカーなんかカッコ良いのなんのって(笑)
 更にはサターンロケットの移動キャリアとかコースターベースのキャンピングカー、ラリー仕様のポルシェ911など挿絵だけでも感涙ものでした。
DSCN0460.jpg
DSCN0462.jpg

 これだけでもクルマ好きを大いに燃えさせる要素が満載ですが、実はこの本の本領はこんな所にはありません。
 むしろそちらの方がはるかに面白いのですが、ここは出し惜しみさせて頂いて(笑)次回に続きます。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント