田舎の物置から・3・「時代の地層」を掘り下げて

 8月の帰省の折の物置のおもちゃネタから。
 だいぶ間が空いてしまっていますが前回までで載せ洩らしたものから紹介します。
DSC_0082.jpg
DSC_0083.jpg
 どこかのおもちゃ博物館ででも見そうなブリキの白バイ。
 時期的に言って私が赤ん坊の時にでも買ってもらった物でしょう。肝心の私が忘れてしまっていましたが(汗)
 昭和30年代の雰囲気丸出しのアイテムですが、当時の岩手では時間の流れが東京辺りよりは10年は遅れていましたから恐らく40年代前半くらいのものではないかと。
 今にしてみればそれなりに味を感じます。特に全体を覆う丸みのある造形が如何にもなオモチャらしさを漂わせてくれます。
DSC_0079.jpg
DSC_0080.jpg
 それに比べるとこちらの電池駆動のリモコン戦車は見るからに昭和40年代という風情です。
 あの頃は何でもかんでも「リモコン」の一語が付くだけで高級でした。

 テレビにリモコンが付いたのは昭和40年代後半、万博以降位でしょうか。
 ビデオのリモコンですら一般に普及したのは昭和60年代以降でしたから。

DSC_0065.jpg
 更に時代が下がって昭和50年頃は超合金とジャンボマシンダーの時代
 こちらは私のではなく年下の従妹の物です。
 マジンガーやコンバトラーVなどの超合金人気に引きずられる形でブルマァクが製品化した「ジンクロン」と称する「超合金のゴジラ」
 驚くなかれ「腹が割れて中からミサイルやらカタパルトが出現する」驚異のギミックの持ち主です(笑)
 同じシリーズで確かメカゴジラも出ていた筈ですから何もゴジラそのものを要塞化する必要はあの当時の私ですら正直感じなかったのですが。

 田舎の物置では私ー従妹ー兄弟と10年おきくらいに時代の異なる子供が入れ替わりで住んでいましたからこういう「時代の地層」みたいなガラクタの出方をしますが、同じノリで当時の本なんかを発掘してみても面白い何かが見つかりそうな気もします。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント