マッチボックスのISO・グリフォのはなし

 マッチボックスネタはまだ続きます。
 但し、40年近く前の使い古しなので見た目がしんどいのだけはご勘弁ください。
DSCN5601.jpg

 トミカの登場する直前位のタイミングで買ってもらったスピードホイール仕様のGTカー
 ISO・グリフォのクーペです。

 イタリアのISO社がシボレーコルベットのV8エンジンをジュジアーロデザインのボディと組み合わせて時速275~300キロ(!)を実現した60年代のスーパーカーのひとつです。
 ウェッジシェイプ&リトラクタブルライト&ミッドシップと言う後のスーパーカーのトレードマークこそありませんがロー&ワイドのボディの持つ独特の凄みは只者ではありません。
DSCN5604.jpg

 フロントグリルのパーツが実車よりも奥まっている(どうもシャシーと共用していたようです)為にライト周りが妙に引っ込んだ造形となっているのですがこのクルマの場合、そこが不思議と獰猛なイメージとなって凄みを感じさせます。
 この辺りは(個人的にですが)ミニカー独自の造形表現の勝利の様に感じられてなりません。
DSCN5602.jpg

 さて、このグリフォ(と言うか当時のマッチボックス全般に言えますが)の魅力はスピードホイール仕様のせいか走りが実に良い(爆笑m)ところにあります。
 「走り」と言ってもこの場合「転がす」事を指しますが当時のトミカ辺りがしばらく遊んでいるとサスがへたったり、車輪がハの字状態になったりと劣化が激しかったのに対してこのグリフォではそんな事は殆ど無く40年近く経った今でもそこそこ滑らかな走りを見せてくれます。
 流石はガイシャ(笑)ですがこうした魅力は恒常的に走らせて遊ぶ事の少ないコレクターには気付きにくい所ではないでしょうか。
 
DSCN5603.jpg

 当時の(今でも)「ミニカーは遊んでナンボ」という私のポリシーからするとマッチボックスの高耐久性はそれだけで魅力だったのも確かです。
DSCN5607.jpg


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント