鉄コレとGMのクモハ43

1320861322.jpg

 今回は先日入線の鉄道コレクションの話です。

 入手したのは国鉄42系飯田線2両セット。鉄コレとしては最近充実が著しい国電のセットです。
 
 個人的にスカ色が好きなものでこのセットを買うのに迷いは殆どありませんでした。むしろ同時発売の大糸線仕様を買ったものかどうかと(笑)

 編成はクモハ43とクハ47.片運転台同士の2連という、いつもながら手軽に運転を楽しめる仕様と言えます。
1320861313.jpg

 が、クモハ43と言う形式を聞いてふと思い出した事。

 一昨年でしたか、クモハ52のジャンクを入手した際にクモハが1両しかなかったために急遽反対側の先頭車としてGMの板キットから製作したのも確かクモハ43ではなかったかと(汗)
1253652995.jpg

 調べてみたら確かにクモハ43でした。
 偶然(?)とはいえ、同一形式でGMと鉄コレが揃う形になったわけです。
 これらをレイアウト上で飯田線風に配置するのが楽しみになってきました。

 それにしても相変わらずキットと完成品の出来の落差が気になってしまう(もちろん前者の出来がひどい)のはどうにかならないでしょうか。
 強いて優位性を挙げるなら貫通幌がついていることとGMの方が窓の金壺窓(窓が引っ込みすぎる。プラ整形で往々にしてある表現)が少ない位でしょうか。
(大汗)もちろんこれは私の腕のせいでキットの責任ではないのですが。 

 飯田線といえばもうひとつ題材がありますがそれについてはいずれ


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント