カラーブックスの思い出「日本の鉄道」

 今回はカラーブックスネタです。

 前回「新しい日本の鉄道」を取り上げておいてそのルーツでもある「日本の鉄道」をここでは取り上げていない事に気が付きました。

 そこで遅ればせながら。
 カラーブックス初の鉄道本となる「日本の鉄道」
DSCN5016.jpg

 表紙を誇らしげに飾るのは「疾走する0系新幹線」
 この事からもお分かりの様に本書は東海道新幹線の開通に合わせて昭和39年時点での国鉄・私鉄の最新鋭の車両の紹介に力点を置いた構成になっています。
DSCN5017.jpg

 カラーページも前半は新幹線に関する物が占め、当時の最先端技術を駆使して作られた新幹線への誇りと情熱が技術陣のみならずこうした一般書でも熱く語られています。
 中には結局実現しなかった「新幹線の貨物車両」の想像図もありますがこれはずっと後に在来線の「スーパーレールカーゴ」で実現しており、実際外見はそっくりだったりするのですが。
DSCN5018_20141127213608b38.jpg

 その他の在来線や私鉄の車両についても最新型を中心に述べられカラフルなカラーページと相まって今でも読んでいるとウキウキしてくる魅力にあふれています。
 当時はまだSLブームの前夜、あるいはとっかかりと言う時期でしたのでSLや旧式車に対するノスタルジーの様な物はやや希薄です。
 ですが最後の方に登場する蒸気の写真は情感の溢れる良い写真も多く前述の最新型とのバランスも良く取れていると思います。
DSCN5019.jpg

 シリーズの一番最初に出た一冊だけに鉄道本としての完成度も非常に高く手に入るなら今でも鉄道好きなら誰にでもお勧めできる一冊と思います。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント